にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

箍冬-Cotoh- :水原とほる

491496743X箍冬-Cotoh- (ピアスノベルズ)
水原とほる
マガジン・マガジン 2004-02-06

by G-Tools

前作、「夏陰-Cain-」の勢いに任せて一気に読みました。
さすがに重い話を続けて読むのは疲れた…。
いやー、でもその甲斐はありましたよ。
前作以上におもしろかった!
この作家さん、好きです!
イラストも引き続き、直球勝負でした(笑)
【箍冬-Cotoh-/水原とほる/高緒拾/ピアスノベルズ(2004年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
大学生の沢田雪洋はふとしたきっかけから暴力団の要人・岡林祐司の目にとまり、凌辱の果てに愛人としての生活を余儀なくされている。一緒に暮らすうちに冷淡で酷薄な岡林の歪んだ愛情を受け入れるようになったとはいえ、時に見せつけられる非情な態度に対する恐怖心だけはいまだに拭えない。大学の研究に没頭することで過酷な現実を忘れようとする雪洋だったが、岡林と対立している兄たちの動きが不穏な様相を見せ始め―!?話題を呼んだ『夏陰―Cain』の続編、待望のリリース。


【感想など】
岡林の歪んだ愛情を受け入れるようになり、自分も岡林を愛していることを認めた雪洋だが、一方的に支配される関係を受け入れることは出来ない。
そんな葛藤は、新たに世話人として入ってきた恩田の存在によって、雪洋の心をむしばみ、やがて発作を起こすようになってしまう。
そんな折、敵対する暴力団・橋口組により、雪洋は拉致されてしまうが…。

岡林と心が通じた雪洋ですが、当然ながら、岡林の「愛人」という立場を素直に受け入れることが出来ません。
常に与えられ、守られる立場。
自分は自分の世界で生きていきたい。
そんなプライドから、岡林に反発してしまいます。
しかし、拉致事件により、岡林と共に生きていく覚悟を決めることに。
相手の生き方を理解し、尊重する。
そのためには守らなければならないことがある。
様々な葛藤を乗り越え、雪洋は岡林の生きる世界へ自ら踏み込んだのでした。

前作は、多少ぎこちない展開があったのですが、今回は安心して読めました。
雪洋の葛藤は当然のモノだし、不器用ではあるものの岡林の愛情表現(?)にも納得する部分はあるので、前作でモヤモヤした部分に決着がついてよかったです。
「心おきなく愛し合って下さい!よかったね!」
という心境。

でも結局、雪洋が受け入れるしかないのね、この関係。
岡林は相当困ったヒトだから、今後も苦労しますね。
出会ってしまったのは運命なのですよ、きっと。
でもお互いに必要としているのだから、どんな困難も乗り越えていけるのでしょう。

ワンパターンと言われれば、否定できません。
が、いいじゃないですか!
面白いんだもん!(開き直り?)

高緒拾先生のイラストも、相変わらずの潔さ。
だんだん好きになってきましたよ(笑)。
アンケート葉書の切手貼る部分にもイラストがあるのですが…。
笑えます(笑)。
ギャー!
き、木島さんが!
動作確認してる…(憤死)
関連記事
2006.04.04 09:38 | 水原とほる | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/110-c8a581cd

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。