にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

空と原 :中村明日美子

4863492928空と原 (EDGE COMIX)
中村 明日美子
茜新社 2012-05-19

by G-Tools

ついにハラセンのスピンオフがきたーーーー!
ハラセンがかわいすぎて悶えました。
【空と原/中村明日美子/エッジコミックス(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
原 学(はら まなぶ)、37歳、男子校教師、独身、「生徒には絶対手を出さない」というポリシーを持つ男。3年間の片想いから脱するために訪れたゲイの集まるクラブで若い男に出会う。後に彼は、原が勤める学校の新入生、ソラノだと分かり…?? 不器用なオトナ、永遠のアテ馬と呼ばれる原先生に春は来るか!?

【あらすじ・感想など】
密かに想っていた生徒が卒業してしまい、ポッカリと心に穴の開いてしまった原。
これではいけないと足が遠ざかっていた馴染みのゲイクラブに顔を出した原は、目にとまった若い男をホテルに誘うが結局手を出さないままだった。
数日後、その男・青砥空乃が職場の新入生だと知り、無邪気に声をかけてきた空乃に「生徒には手を出さない」と釘を刺す。
自分に懐いた空乃を突き放せないまま、次第に互いの事情を知る事になるのだが…。
という、高校教師と生徒の話。
空乃はこの作品が初めての登場なので、これだけでもふたりの関係は分かります。
でも、原の過去を知らないと言葉の裏にある気持ちまでは読み取れないので、シリーズ既刊の「同級生」「卒業生」を先に読む事をオススメします。
これまでの原は不憫な当て馬だったのですが、今回は待ちに待った主役!
しかも相手は新入生…ぴちぴちの15歳ですよ!
37歳と15歳、22歳の歳の差ですよ!
でも、今まで片想いしていた相手・佐条も15歳の時から3年間想いを寄せていた原なので、今回のお相手としては驚きは少ないです。
ただ、生徒には手を出さないと決めて今まで自分から行動に移していなかった原が、空乃とどうしたら上手くいくのか、それが心配でした。
案の定、簡単にはいかずコミックスとしてはボリュームのある作品になっています。
ちゃんと説得力のある展開で読み応えたっぷり。

背が高くていい感じに格好良く年を重ねた外見をしている原は、その手のお店に行けばもてるし、それに見合ったトークも出来る大人。
職場ではやる気無さそうなくだけた雰囲気なので格好良さは隠れているし、男子高なので騒がれたりは全くしていませんが。
そんな一見酸いも甘いも噛み分けた大人の原ですが、意外にも恋愛に対しては純情なところがあるんですよね。
遊びは遊びで割り切っていろいろ経験は積んでいるけれど、本気で好きになると自分から行動を起こせません。
佐条の時もそうだし、高校生の時もそう。
「卒業生」で出ていた原の高校生の時の有坂とのエピソードが、今の原の恋愛に本人が自覚している以上に棘のように刺さっています。
年を重ねて無駄に心のガードが固くなってるのは、相手に対してだけじゃなく、自分に対してもなんですよ。
相手にも自分にも深入りしないので、自分が何を求めているのか気付いていない。
原も空乃も、ふたりとも惹かれ合う気持ちを最初は分からず戸惑っています。
その戸惑いに恐れることなく自由に向かっていける若い空乃に対して、原は逆に心を抑えようと、大人でいなければと必死になってる。
大人になったからって上手く恋愛が出来るわけじゃない。
でも、大人だからかっこつけちゃう。
そんな必死さもかわいいですが、原の場合、そのガードが思いのほか隙だらけで目が離せないんですよね。
格好いいのに格好良くなりきれない、ドライな振りをして純情な原が愛おしい。
空乃もそんな原の心の隙を感じ取っているからこそ、無自覚だけど放っておけなくてグイグイ押していってるんじゃないかなと思います。
読んでいる私も、原がどんどん可愛くなってきてジタバタしちゃいましたよ!
外見的にも年齢的にも立場的にも、原は攻だと私は疑ってもいませんでした。
佐条に対しても、有坂に対しても、原は攻だろうと。
空乃の方が体格小さくて美少年系だし。
なのに、今回読み進めるうちに原が受にしか思えなくなってきました…。
中身が受なんですよ!
そして空乃の中身が攻なんですよ!!
身体は大きいけど心は乙女。
ハラセンは空乃の腕に抱かれて癒されたらいいと思います。

あ、受攻について書きましたが、実際はキスしかしていないので不明です。
希望的観測ですが、きっと、最初は原攻で、慣れた頃に空乃が押し倒して攻守交代するんじゃないかと!
あとがきにあった「原先生は○○ですよね」は「ウケ」であり「リバ」でもあるんだろうと勝手に思ってます(笑)

ということで、ついに報われなかったハラセンに幸せがやってきました!!!
初恋をこじらせたまま大人になっている原を動かすには、予想以上に大変でしたね。
過去の恋を2つも乗り越えてようやく空乃の手を取ってくれました。
空乃が明るいので暗い雰囲気にはならないですが、痛みを伴う部分もあります。
心の問題は白黒ハッキリとさせられるものではないので、それぞれのキャラの心理が丁寧に描かれていて説得力がありました。
軽そうに見えて腰の重い原の相手が15歳の高校1年生で大丈夫なの?と最初は思いましたが、読み終わってみると空乃はピッタリ。
原の心の傷は高校生というキーワードに繋がっているから、生徒であることは重要だっただろうし、何より、ガードの固くなった大人同士じゃあ原の本心にたどり着けないですよね。
物怖じせず好奇心いっぱいな若さ故の勢いが、原のペースを崩していくのがよかったです。
赤面する原がめちゃくちゃ可愛い…!!
そして、隙だらけの原にどんどん惹かれていく空乃も可愛かった!
何だこの可愛いふたり。
おっさん受や体格のいい受に萌えツボがない私でも受にしか見えなくなってくるなんて……ハラセンの可愛さ相当ですよ。
原が空乃を抱きしめるのではなく、原が空乃に抱きしめられる絵面しか思い浮かばないんですけど!
兎にも角にも、ハラセンに幸せが訪れてよかったーーー!
不憫萌えだったハラセンが、まさかの可愛い萌えに進化しました(笑)
このシリーズでは高校生たちより原が年齢的に近いので共感していたのですが、今回さらに見えてきた不完全さで益々好感度上がりました。
雑誌で原の話が連載されているとは聞いてはいたものの、こんなガッツリ読めるなんて思っていなかったので大満足です。
今は佐条と草壁の話が雑誌に掲載されているようですね。
シリーズ続編をコミックスで読める日を楽しみにしています!

■シリーズ
「同級生」
「卒業生 -冬-」
「卒業生 -春-」

「空と原」スピンオフ

同級生 (EDGE COMIX) 卒業生-冬- (EDGE COMIX) 卒業生-春- (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX)

486349226X「同級生」「卒業生」公式ファンブック~卒業アルバム (EDGE COMIX)
中村 明日美子
茜新社 2011-09-10

by G-Tools

関連記事
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.06.08 23:25  | # [ 編集 ]

Gさん、こんばんはー!

雑誌の方では同級生カプの連載が続いているようですし、ハラセンもあるかもしれませんね。
私もその後のふたりが知りたいです!

コメントありがとうございました(^^)

2012.06.13 00:32 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1099-4f9b49b7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |