にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
490483559X欲望ラブ・アフェア (リリ文庫)
藍生 有
大誠社 2012-05-14

by G-Tools

藍生先生と言えば複数P!
挿絵がほとんど肌色シーンで流石でした(笑)
【欲望ラブ・アフェア/藍生有/宝井さき/リリ文庫(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
文具メーカー勤務の会社員・亘は困っていた。酒の勢いで寝た後輩・内に懐かれ、昼休みの会議室で毎日淫らな『おねだり』をされているのだ。焦りつつも、内の健気なアプローチと背徳的な快楽を心地よく感じ始めた矢先、思わぬ者が入社してくる。それは昔、ただならぬ関係にありながら、一方的な事情で遠ざけた年下の男・降旗で!? 過去を恨むような降旗に、夜のオフィスで徹底的に嬲られるが、彼の吐露する一途な想いにも心は揺れる。悩む日々の中、険悪だった内と降旗が…?

【あらすじ・感想など】
会社の飲み会で酔いつぶれてしまった志方亘は、家まで送ってくれた後輩・内裕一郎と誘い、関係を持ってしまった。
それ以来、内に「好きだ」と繰り返し迫られ、その度に断り切れず快楽に流されてしまう亘。
男同士の恋愛なんていつか終わりが来るのだから、と真剣な付き合いを今までしてこなかった亘にとって、内の一途さは心地よくても簡単には受け入れられない。
そんなある日、新入社員として亘の前に現れたのは、亘が大学生の頃に関係を持っていた降旗秀悟で…。
という、2人の攻から迫られる受の話です。
ふたりに想いを寄せられる亘は、仕事の出来る若手社員という表向きの姿とは異なり、プライベートは緩い男。
男同士で真剣な恋愛関係を築く事なんて出来ないと思っていて、セフレはたくさんいるけれど、今までちゃんとした恋人と付き合った経験はありません。
必然的に、関係を持つ相手は同じようにドライなタイプで、天然で好きになったら一直線に突進してくる内のようなタイプは守備範囲外。
それなのに、酔った勢いでノンケの内を自分から誘って関係を持ってしまいます。
すっかり亘に心奪われてしまった内にその後も迫られも、付き合う気はないと突っぱねるのは仕方ない。
でも、真剣に付き合う気はないと断りつつもエッチはするのはダメでしょう…。
特に内みたいなタイプにそんな事を続けたら面倒な事になるのは目に見えてるのに!
亘の好みのタイプでは全然なかったけれど、何度も「好きだ」と言われると心地よくなって拒みきれなくなってる。
亘は困ってるけど、全部自分がまいた種ですよね…。
もうひとりの降旗も、そんな亘の被害に遭ったひとり。
降旗は内とは全く違うタイプでしっかりした性格なのですが、初心だった高校生の頃に亘の被害に遭って以来想いをずっと寄せています。
既に亘の性格は把握しているので再会後はそれを踏まえた上で亘を追い込んでいくのですが、予定外の内の存在で難航してしまう。
そんなこんなで追い詰められていった亘は、ふたりに向き合う事なく逃げ出してしまうのですが…。
ふたりに好かれてしまった亘は、片方を選ぶのか、両方を選ぶのか、はたまた両方選ばないのか。
まぁ、この作品はラブコメでシリアスな展開にはならないのでご安心を。
それにしても、亘のダメ男っぷりが酷いです。
本編は亘視点で話が進んでいくのですが、私は終盤近くまでこの優柔不断さにイラッとさせられっぱなしでした。
ドライなふりして実は寂しがり屋で、愛される事に慣れていないのは分かる。
でも、内と降旗、そして自分の気持ちにも全然向き合おうとしなくて、最後は逃げ出すとかどういうことですか…。
そして、相手の押しの強さがあってこその結末だったのに、最後まで上から目線。
エロ盛り沢山だったけど、このラストは物足りないわ…と思っていました。
……その後に収録されていた攻視点の話を読むまでは!!
なんだか亘がとてもかわいく思えてきました(笑)

以下、ネタバレしています。
断りを入れるほどの事ではないかもしれませんが、3人がどういう形で納まるのか知りたくない方は回避して下さい。

攻視点の短編のタイトルは『談合ラブ・アフェア』。
タイトルでなんとなく予想がつくと思いますが、最後は内と降旗が結託して亘を落とします。
フラフラしている亘を落とすには、ふたりで脇を固めなきゃなんですよね!
一応これは降旗が主導権を握って内を動かしているけれど、降旗がちゃんと内の存在意義を分かっていて、自分だけじゃ無理だという事も分かっているので、嫌な印象は全くなかったです。
むしろ、意外と仲良くなっているふたりが微笑ましい(笑)
自分主導で動いていると思っていた亘が、実は相手の手のひらで転がされていて、しかもそれに気付かないままいつの間にか取り込まれている。
そんな背景がしっかりあったのだと分かって、一気に作品の印象が変わりました。
短い話だけど、これがあるとないとでは全く違う!

濡れ場は満載です!
挿絵10枚中7枚が肌色シーン!
二輪挿し、駅弁、媚薬(もどき)などプレイも盛り沢山。
そんな中で1番のポイントは、陥没乳首ですね!
帯にもある「昼休みなんで吸わせてください」のインパクトがすごい(笑)
私は乳首責めに萌えがないのですが、どうやら陥没してると私の中で別カテゴリーになるようです!
母親と勘違いされて、自分より大きいワンコにおっぱい吸われてる猫の図が思い浮かびました(笑)
タイプの違う攻ふたりのエッチ攻撃に、身体はノリノリな亘が美味しかったです。

ということで、藍生先生の新刊は3Pものでした。
普段藍生先生は作家買いしていないのですが、複数Pモノは思わず手に取ってしまいます(笑)
煮え切らないくせにエッチは受け入れる受にイラッとしつつも、読後感が良かったのは最後のまとめ方がしっくりきたからだと思います。
複数Pモノでエロ盛り沢山だと、ネタのインパクトが大きいし、ページ数も必要なので、心理面で話をうまくまとめるのは難しそう。
爆走エロで突き抜けてしまうという持って行き方も私は好きですが、そこまで持っていくのもまた違う難しさが必要ですよね。
今回は、3人のバランスが上手く取れた結果、面白い話になっていると思います!
3P大好き3P!
藍生先生、これからも萌えを突き進んでください!
関連記事
2012.05.20 02:11 | 藍生有 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1097-9e103c79

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。