にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

夏陰-Cain- :水原とほる

4914967359夏陰―Cain (ピアスノベルズ)
水原 とほる
マガジンマガジン 2003-04

by G-Tools

「夜夜の月」で気になっていた、水原先生。
本屋で見かけ、続編「箍冬」と併せて衝動買いしてしまいました。
期待通り、ねっとり重苦しい展開で、満足です!

でも、何が一番衝撃だったかって、イラストですよ。
表紙はたいしたことないのですが…。
直球勝負に、完敗です(笑)
【夏陰-Cain-/水原とほる/高緒拾/ピアスノベルズ(2003年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
早くに両親を亡くし、姉とふたり慎ましく暮らしていた大学生の雪洋。しかし、アルバイト先のバーで冷酷な瞳の男・岡林と出逢ったことで、それまでの平穏な日常はあっけなく崩壊する。雪洋の清廉な印象を持つ美貌と意外にも強気な態度に心惹かれた岡林は、その体を凌辱したばかりか自分のものになれと言い放ったのだ。暴力団の要人である岡林に刃向かう術もなく、雪洋は決して逃れられない腕へと堕ちてゆくが──!? 小説ピアス期待の新鋭、渾身の書き下ろし長編が登場。胸に突き刺さる執愛の行方は……。


【感想など】
大学生の雪洋(20歳、受)は、ある日アルバイト先のバーで暴力団の要人である岡林祐司(攻)と出会い、レイプされてしまう。
岡林は雪洋を「バシタ(伴侶)」にすると言いだし、生活を共にさせるが、無理矢理身体の関係を続ける岡林を雪洋は受け入れることが出来ない。
ある日世話係の明が、岡林と明を庇い銃弾に倒れた事件をきっかけに、二人の関係は変化していくが…。

このお話の登場人物は、主に4人。
岡林、雪洋に加え、岡林の腹心・木島、岡林と雪洋の生活を世話する若松(明)。
明の死をきっかけに、雪洋と岡林の関係が変化していきます。
雪洋は強引に自分に気持ちを押しつけてくる岡林を、いつしか拒否することも出来ず、心のどこかで求めている自分を感じ、苦悩します。
心が壊れてしまっている岡林。
誰よりも傷つき、誰よりも孤独な岡林を慰め、癒してやれるのは他の誰でもなく自分しかいない。
多くの痛みの果てに、雪洋は岡林への愛に気づき、岡林の愛を受け入れることが出来たのでした。

あらすじ読むと、かなり強引な展開ですね(苦笑)。
序盤は特に、「え?」「あぁ?」と思っている内にどんどん展開していきます。
でも徐々に話に引きこまれ、多少の疑問は気になりません。
こういった重苦しい話は、私は免疫あるので大丈夫ですが、ある程度心の準備をしていないと、気が滅入るかもしれません…。
「終わりのないラブソング」を読むくらいの覚悟はしてから臨みましょう。
(古すぎてわかんないって?)
この手の話は、特に目新しいわけではないのですが、たいていの場合二人の葛藤がドロドロねっとり描写されるので、読み応えがあって好きです。
エロもねっとりな場合が多いですし(笑)。
この作品も例に漏れず、エロ濃いです。
助言するまでもないと思いますが、暴力や流血沙汰がダメな方は、読まない方が賢明です。

それにしても、冷静に考えると、岡林さん…。
相当困ったヒトですね(苦笑)
真面目な顔して、雪洋のことになると少々抜けてます。
木島さん困っちゃいますよ。
あんなモン買いに行かせるなよ!
いったいどう命令したんだろうか…(笑)
でも結局、雪洋だけでなく、木島も明も、そんな岡林の人柄・カリスマ性にやられちゃってるわけですね。

えーそして冒頭でも書いたように、私はこの本、別の意味でも衝撃受けました。
イラストは、高緒拾さんという方です。
初めて出会いました。
嫌いではないです。イメージはぴったりです。
が、中の挿絵が、なんというか…直球勝負でビビリました。
特に中のカラーイラスト…。
モ、モザイク?!
BL本で、そんな処理された絵を初めて見ました。
自主規制なのか、出版社規制なのか…。
その勇気に完敗デス。

さ、それでは続編「箍冬-Cotoh-」に突入してきまーす!
ワクワク。


関連記事
2006.04.03 20:33 | 水原とほる | trackback(2) | comment(4)
            

はじめまして、こんにちは☆
BL初心者の月子と申します。
どうぞよろしくお願い致します。
BLにはまって右も左もわからない頃、こちらのブログ様にも随分とお世話になりました。
色々と参考にさせていただき、いざ購入!!という感じで。
ありがとうございました♪♪

ところで、この作品、私もイラストがすごいと思いました!!
まだ初心者だったので、あまりにもすごい口絵に呆然となりました(汗)
これを電車の中で読めるお姉様がいたら、すごい尊敬します。
っていうか、かばん持ちくらいさせてもらいます…(笑)

岡林さんは相当困った人ですが、逃げられないのならあまり逆らわない方がいいのかも…と、雪洋が受ける散々な仕打ちを見ると思っちゃいます(苦笑)

ではでは今後ともどうぞよろしくお願い致します。

追伸 TBさせていただきます

2006.09.07 15:06 URL | 月子 #- [ 編集 ]

月子さん、こんにちは!

にゃんこの稚拙なレビューを参考にして頂き、大変恐縮です(>_<)
私も長いブランクがあったので、最近のBLについては半年くらいまで初心者でした。
なので、昔のレビューはちょっと恥ずかしかったりするのですが…(苦笑)

イラスト、なかなかインパクトありますよね~。
でも、最近かなり免疫がついたとみえて、今では「なんでもコイ!」という感じになってきました(笑)

コメント&TBありがとうございました☆
こちらからもおじゃまさせて頂きますね!

2006.09.07 15:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

読んでみました~
『箍冬』とあわせて、一気に読んでしまいました。
思っていたよりもショックも抵抗もありませんでした・・・というより、全然平気でした(^^;
いろんな方のコメントを読み、「私には無理っぽい」と思っていたのですが、全く問題なかったです。
私にとってはこのことの方がショックです(苦笑)
口絵にはホントにびっくりしました(@_@;。
カバーを外すと、モザイクなしバージョンがみれますよ~(ご存知かもしれませんが、念のため~)

2006.09.17 11:57 URL | 華 #L8AeYI2M [ 編集 ]

華さん、こんにちは。

カバーの下!!
全く気付いてませんでした…
華さんのコメントを見てから、手持ちのピアスを全てチェックしてみましたが…
あぁぁ、こんなことになっていたのね(T_T)
モザイク取っても問題なさそうなのもありますけど、モザイクがかかると妙にエロ度が上がるのは何なんでしょうね(笑)
ご指摘、ありがとうございます!

華さん、この作品が大丈夫だったら、他も結構いけそうですね。
是非どうぞ~

ではでは!

2006.09.19 10:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/109-c5f48537

[詞]夏陰 -Cain -
両親を早くに亡くし姉と二人きりで暮らしていた澤田雪洋(さわだ ゆきひろ)はバイト先のバーで岡林祐司(おかばやしゆうじ)と言う極道の人間にたてついた事が元で、店のマスターや舎弟たちの前でいきなり強姦されて...

2006.04.18 08:41 | kotonone::詞の音

『夏陰―Cain』
水原とほる(絵 高緒拾)/マガジンマガジン(2003・4月)【あらすじ】大学生の沢田雪洋は早くに両親を亡くし、結婚を控えた姉と二人で慎ましく暮らしていた。しかしアルバイト先のバーでヤクザの岡林祐司と出逢ったことで、それまでの平穏な日常はあっけなく崩壊する

2006.09.07 15:07 | 裏・月子の書斎

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |