にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

間の楔 :吉原理恵子

4875194978間(あい)の楔
吉原 理恵子
光風社出版 1990-09

by G-Tools

リキー…!!(号泣)
イアソンー…!!(絶叫)
うぅ、泣ける(T_T)
はまりました。

ずっと気になっていたこの作品、ようやく読めました。
今更過ぎて申し訳ないです。
吉原先生、当たりはずれあるけど、やっぱ巨匠ですね!(失礼すぎ)
大作過ぎて、感想がまとまりません…。
あらすじさえ危うい…。
【間の楔/吉原理恵子/道原かつみ/光風社出版(1990年)】

オススメ:  名作!

↓ネタバレあり、caution!!
何もかもが管理された未来都市・タナグラ。その片隅の、歓楽都市・ミダスの怠惰な息遣いの中でしか生きられない若者たちには、夢を語り合い愛を求めることすら許されないのか…。耽美SF大河ロマン。


【感想など】
コンピューターに統制された中央都市タナグラ、その衛星都市ミダスは、ありとあらゆる娯楽を配した不夜城である。
そして、ミダス郊外第9エリア“ケレス”は、ミダスの住民さえさげすむスラム街。
リキ、ガイ、キリアたちケレスの若者たちは、腐敗した日々を送っているが、ある日タナグラのブロンディ(支配階級に属する)・イアソンに出会う。
ガイをペットとして要求したイアソンに、キリアはイアソンに取り入るためガイを売るが、イアソンの真の目的はリキであった…。

リキとイアソンは、ペットと主人という関係でありながらも、
いつしかお互いを愛していた。
しかし、決してそれは交わることはない。
反発することでしか惹きあえない。
その歪みが、いつしかガイを、キリアを狂わせる。
そして、二人の愛は破滅へと向かうことに…。
二人の穏やかな時間は、あのような形でしか訪れなかった。
破滅の中でしか結ばれることは出来なかった。

リキ、イアソン、ガイ。
3人それぞれが苦悩するわけですが、一番つらかったのは、リキを愛してしまったことを早い段階で気づいてしまった、イアソンではないかと思います。
その気持ちに気づきながらも、どうすることもできない。

話が壮大すぎて、あらすじさえ書き切れません。
気持ちはふくれあがっているのですが、うまく言葉に出来ません。
言葉にすればするほど、嘘っぽくなってしまいます。
ボーイズラブというよりは、人間同士の物語。
読んでよかった。
今まで読まなかったことを後悔。


今までレビューした中で、一番古いのではないでしょうか?
JUNE掲載が1986年、出版は1990年です。
私が購入したのはハードカバー版ですが、現在文庫版が出ています。
書き足された部分もかなりあるらしい。
他に番外編も出ているみたい。
気になる。買ってしまうかも。
ちなみに、イラストは道原かつみ先生。
大好きです!
(ハードカバー版はカバーイラストのみ。挿絵ありません)
吉原先生は、シリアスJUNE路線と軽いボーイズラブ路線で、同じ作家か疑問になるほど作風が違います。
個人的には、吉原先生の軽いノリは好みではないですが、シリアス物でツボにはまるとでかいので、好きな作家さんの1人です。
久々に「影の館」シリーズを読み返したくなりました。
この本読んだのは10年位前なので、内容あまり覚えてません(^_^;)
これはJUNE掲載が1983年…(20年以上前?!)
古典JUNEの世界だな…。
でも、全然古さを感じさせない!
最近の作品では「二重螺旋」シリーズ、読んだ頃はそれほどでもなかったのに、後からジワジワときてます。
詳しくはこちら→二重螺旋愛情鎖縛 二重螺旋〈2〉
吉原先生には、この路線全開で突き進んで欲しいなー。

ちなみに、エロですが…。
「間の楔」では、描写少ないです。
他の作品のねっとり度からしたら、あっさりしすぎで拍子抜け?
でも、この作品には濃厚エロは必要ないと思います。

関連記事
2006.04.02 19:40 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/107-1e1b7460

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。