にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

花のみぞ知る (1),(2) :宝井理人

4813053386花のみぞ知る 2 (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48)
宝井 理人
大洋図書 2011-11-15

by G-Tools

すごくよかった…!!
ジワジワと惹き込まれる魅力がありますね。
【花のみぞ知る (1),(2)/宝井理人/ミリオンコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
綺麗な容姿をしているけれど、周囲から少し距離を置かれている大学生・御崎詔太。
御崎が在籍する研究室に手伝いとしてやってきたのは、別の学部の学生である有川洋一だった。
御崎に興味を持っていた有川は、御崎と仲良くなろうとしてくるのだが…

御崎は真面目な農学部の学生。
3年生だけど既に研究室に出入りしていて、植物の研究をしています。
友人はいなくて、学内で1番気を許しているのは研究室の教授くらい。
そんな御崎に興味を示した有川は、法学部の3年生で、格好良くて人当たりもよくて、しかも頭脳明晰という人気者。
出来すぎだけれど、自然体だし、性格的に天然なところがあるので嫌みな感じはありません。
御崎は見られたくない場面を有川に見られているので、有川の好奇心を迷惑に感じていて、警戒心いっぱい。
でも、御崎の心配をよそに、有川は全く動じず近づいていきます。
というか、その場面で会ったのが御崎だと気付いていないんですよね。
会っているからこそ有川は御崎が気になっているんだけれど、何故気になるのかが有川自身よく分からないから、御崎に余計に興味津々なのです。
そんなふたりの微妙な距離感は一緒に過ごすうちに近づいていき、御崎の警戒心も溶け始めるのですが…。
いくつかの出来事を経て、お互いに恋愛対象として意識し始めたふたり。
自分の気持ちに対する向き合い方はそれぞれ大きく違っているけれど、ふたりとも相手の言動に期待したり、動揺したり、傷ついたり、いろいろな感情に振り回されているのは一緒です。
有川はもてるし、彼女もいたりするので経験豊富かと思いきや、本当の意味で恋に堕ちたのは御崎が初めて。
いつも告白を受け入れる側だったから、男の影が見え隠れしている御崎に対してどうしていいのか分からずぐるぐるしています。
一方、人付き合いは極端に少ないけれど、恋に堕ちた経験はある御崎。
御崎は恋愛で傷ついた事があるから臆病になっている。
ふたりの悩み方が対照的で、どちらの気持ちも切なくて目が離せませんでした。

兎にも角にも御崎がかわいい!
大人しくて落ち着いているように見えるのに、意外とドジッ子…。
だからつい気にしてしまう有川や教授の気持ちが分かりますね(笑)
過去の話は重いけれど、御崎の性格や恋愛観の背景にあるものが分かるエピソードなので、説得力があってよかったです。
キーマンになっている川端の執着の仕方がちょっと怖い…。
今後どう動いてくるのかな。
色々ありつつも前に進み始めたふたりだけれど、まだ超えなければならない部分がありそうです。
あ、宝井先生なのでそれを求めている人は余りいないと思いますが、濡れ場はほとんどありません。
2巻が終わってもキス止まり。
でもそれで十分なくらいドキドキと萌えをいただきましたー!

ということで、宝井先生です。
すごく面白かった!
エロは薄いけれど、物足りなさは全然感じませんでした。
普段ほとんどないからこそ、少しでも色気のあるシーンが登場すると途端にドキッとさせられます。
キスだけでも美味しい!
エロは大好きだけれど、やっぱりストーリーが大事。
(爆発的な萌えエロですべてをカバーできる場合もまれにありますがv)
ただ肌色いっぱいなだけでは満足な読後感はなかなか得られません。
萌えに突き刺さる流れがあるからこそエロは輝く!
だから、エロが薄くても話の流れ的にそれが自然ならそれでいいし、展開に面白さや萌えがあればエロがあろうとなかろうと満足です。
そして、視覚に訴える即効性のある萌えもあれば、ジワジワと内面から効いてくる萌えもありますよね。
宝井先生の作品は間違いなく後者。
エロはなくても惹き込まれる魅力があります。
ただ、世間では高評価だった宝井先生の「セブンデイズ」、実は個人的にはそこまで特別な萌えを感じていませんでした。
「セブンデイズ」は橘先生が原作なので、厳密には比較出来ないかもですが。
橘先生は好きだけれど、橘先生の話は活字で読んだ方が私の好みだったから、漫画だと物足りなく感じてしまったのかもしれません。
そんな事があったので、今回の作品、最初はあまり期待はしていなくて、手に取ったのも偶々友人宅で1巻を見かけて読ませて貰ったのがきっかけ。
読み始めたらどんどん心を掴まれ、結局1巻も2巻も自分で買ってしまいました。
2巻の展開がすごく面白かった!
続きが気になる。
御崎の可愛い顔がいっぱい見たいです…!!

■シリーズ
「花のみぞ知る (1),(2)」
「花のみぞ知る (3)」

「花のみやこで」 スピンオフ&後日談

花のみぞ知る 1 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 43) 花のみぞ知る 2 (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48) 花のみぞ知る 3 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES)
花のみやこで (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 133)
関連記事
2011.12.23 01:01 | 宝井理人 | trackback(0) | comment(4)
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.12.28 09:57  | # [ 編集 ]

Nさん、こんにちは~

生ぬるいかなぁと油断していたら、グイグイ惹き込まれました!
早く続きが読みたい~
教授、私も大好きです(笑)

コメントありがとうございました
また萌えを語り合いましょう\(^o^)/

2011.12.30 12:58 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

はじめまして
初コメさせていただきます

宝井理人さんの作品はセブンデイズから読んでましたが今回のも最高ですよね!

是非、セブンデイズも読んでみてください!

2012.01.14 23:06 URL | B-W #P53J1c9Q [ 編集 ]

B-Wさん、初めまして&こんにちは~♪

セブンデイズは読んでいたのですが…今回ほどのワクワクはなかったんですよね…。
でも、今読み返したらまた違う印象なのかもしれません。
再読してみようと思います!

コメントありがとうございました(^^)
またぜひどうぞ~

2012.01.15 16:55 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1047-6e9ec89d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。