にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

優しいSの育て方 :榎田尤利

4813012434優しいSの育て方 (SHYノベルス275)
榎田 尤利
大洋図書 2011-11-29

by G-Tools

私の期待していたSMではなかったけれど面白かった!
榎田先生、うまいなぁ~。
【優しいSの育て方/榎田尤利/草間さかえ/SHYノベルズ(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
大学二年生の栄田惣は、大きな体格に反して小心者。
恋愛なんか無理だと思っていたのに、ある日の講義で担当教諭である宮隆由紀に一目惚れしてしまった。
でも、宮には秘密があり…。

一見体格もよく格好良さげだけれど、「優しすぎる」「気が小さい」と言われる性格の惣は、他人と感情をぶつけあう恋愛は無理だと諦めている。
でも、宮の登場によって世界は一変。
一目惚れをしてしまった惣は、宮に近づきたい想いがつのり研究室を訪ねたり、未だかつてない行動に出てしまうくらい心が動かされていた。
そんな中、ストーカーに襲われていた宮を偶然助け、それ以来ふたりの距離は少しずつ近づいていく。
しかし宮には惣を受け入れられない秘密があり、それを知った惣は、宮の思いがけない一面に動揺するのだが…。
という、大学生と大学教諭(准教授)の話。
惣は、最近の大学生では珍しいくらい真面目で性格のいい人物だけれど、恋愛を自ら諦めてしまうくらい、人の感情に臆病な性格です。
でも、恋に堕ちるときは理屈じゃない。
惣自身も吃驚するくらいに、今までにない行動力を発揮して宮にアプローチします。
宮は、そんな惣が自分に一目惚れしたことは察しているけれど、これまでも同じような学生は沢山いて困らされていたため「またか」と思っていて、最初は惣を軽くあしらおうとしています。
その距離が襲撃事件をきっかけに近づき、宮も惣に好印象を持つようになるのですが、知れば知るほど、宮は自分の特殊な性癖が惣には受け入れられないだろう事を感じるようになります。
タイトルから分かるように、その特殊な性癖というのはSM!
Mな宮は、優しい惣がSになるのは無理だろうと思っています。
うん、誰が見てもそう思うのは仕方ないくらい、惣と「ご主人様」はかけ離れていますよね…。
恋愛におけるセックスの相性の比重は人それぞれでしょうが、本格的にプレイとしてSMやるくらい楽しんでいる場合はなかなか離れるのは無理なのかもしれない。
宮は自宅をプレイ用に改築するくらいなので、その性癖故に惣の想いを拒もうとするのですが…。
意外にも惣は粘ります!
恋する男は強いですね。
ヘタレだった惣がどんどん格好良く見えてくるから不思議。
初々しすぎてこちらが恥ずかしくなるような行動をしていても、不器用ながらも一生懸命、真面目に宮を想う気持ちが伝わってくるからすごく好感が持てるんですよね。
宮に対してだけじゃなく、自分自身の心にもちゃんと目を向けているし。
宮はそんな惣に、プレイの最中感じるものとは違う、ドキドキを感じるようになっていく。
過去の経験から人と深く付き合うことに臆病になっている宮なので、もてるけれど恋愛の経験値は高くありません。
普段大人の顔で惣に接している宮が、惣の優しさや、自分に臆面もなくぶつけてくる好意を次第に意識し始めるのが可愛くて仕方ありませんでした。
このふたり、エピローグ部分でだだ漏れでしたけど、絶対バカップルですよね…。
もー! こっちが恥ずかしいから自重してください!

さて、この話で印象的に登場しているSMについてです。
私、SM大好きです。
でも、なかなか出会う機会がない。
特に、私が1番読みたいのは「精神的にギリギリになところにいるふたり」なので、益々出会いません。
(この作品で言うと宮の過去がそれに近いけれど、相手があの男では厳しい…。しかもSというよりただのDVですし!)
そんなハッピーエンドに結びつけにくい展開が出てこないのは仕方ないとしても、一般的なSMネタはもう少し供給量が上がってもいいと思うのです。
SMは肉体的なプレイの要素だけでなく、精神的な要素が絡んでくるので奥が深い。
今回も、恋愛にSMという要素が上手く絡んでいました。
SMは、互いに信頼関係がないとうまくいかない。
このベースの部分を考えると、特別盛り込むのが難しいネタではないと思うんです。
まぁ、肉体的な部分が万人受けしないのは分かりますが…。
今回、宮と惣の間ではそこまでハードなプレイは行われていないので、苦手な人でも安心して読めると思います。(多分)
あ、脇で登場した王と宮の間では日常的にプレイが行われているという設定だけど、セックスではなくて基本的にプレイのみです。
はぁ…でもやっぱり、これでも十分面白かったけれど、個人的には「もっとそこ詳しく!」と言いたくなる場面がいくつもありました…。
惣と宮と王でいろいろ練習してたシーン、妄想ふくらみまくりなんですけど!
3回目の練習、詳しく教えてください!!
惣は性格的にSではないけれど、宮を喜ばすため、というか宮のエロい姿が見たいという欲求で、意外といいSになるんじゃないかな?
付き合い始めてしばらく経った頃のふたりのエッチが垣間見たいです、むふふふふ!

あ、書き忘れましたが、もうひとつの大事な要素がありました。
20歳の年齢差!!
宮が若く見えるし美人受なのでそこまでの歳の差には感じられないけれど、20歳って結構離れてますよね。
倍ですよ、倍!
精力溢れる若い攻に翻弄される宮がとても美味しかったです。

そしてそして、今回実は私が1番心掴まれたキャラ……それは王でした!
あらすじに書いていませんでしたが、王は宮の同僚で、同居人(同じ敷地の別建物に間借りしている)、そしてセフレという中国人キャラです。
夜の仕事は調教師というプロのS。
この設定だけでズキュンと胸撃ち抜かれます。
美味しいに決まってる…!!
セリフが小気味よくて存在感ありまくり。
王の話が読みたいです、榎田先生ーーー!!
攻でも受でもいいです。
ドSな誘い(襲い)受も美味しいと思います。

ということで、SM好きな私がタイトルだけでテンション上がったこの作品、中身もしっかり面白かったです!!
SM、歳の差、体格差、美人受、草間先生の挿絵、これが榎田先生の手にかかったら面白くないわけがない!
とは言え、SMは私の求めているSMとは違いましたが、それでも十分私の心を撃ち抜く萌えがいっぱい詰まっていました。
宮も惣も可愛い!
そして曲者の匂いがプンプンする王がめちゃくちゃ気になる!
本格的なSMではないので、苦手な方でも楽しめる作品だと思います。
続編&スピンオフ希望!
関連記事
2011.12.08 01:47 | 榎田尤利 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1042-9e564c5a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。