にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

のぼせるからだ :ミナヅキアキラ

4813053378のぼせるからだ (ミリオンコミックス Hertz Series 113)
ミナヅキ アキラ
大洋図書 2011-11-01

by G-Tools

最近注目しているミナヅキ先生の新刊!
表情にやられるなぁ。かわいかったです♪
【のぼせるからだ/ミナヅキアキラ/ミリオンコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
『のぼせるからだ』
商店街でパン屋を営んでいる鈴見佳永は、ある日近くにある銭湯を訪れる。
その銭湯の番台で、有名な書家でもある草羽に声をかけられた鈴見だが…。

才能がある大人の男・草羽は、鈴見のコンプレックスを刺激する存在。
そんな草羽に口説かれた鈴見は、その強引さに戸惑い、反発しながらも次第に心を開いていきます。
草羽のようにグイグイ押して相手を強引に手に入れようとするやり方は好みではないのですが、困り顔で断りながらも耳が赤くなって揺れる心を隠し切れていない鈴見や、そんな鈴見を前にして余裕だった草羽がいつの間にか本気になっている様子が見えてきて、面白くなってきました。
整った顔をしているが故に自分に自信が持てず、人と関わることに臆病になっている鈴見が可愛い!
草羽の前では心の鎧を外していいんだと気付いた鈴見の顔に、読んでいる私もホッとした気持ちにさせられました。

『さめないやまい』
高校生の晴日と蒼太は幼馴染み。
晴日が海外の大学に進学するかどうかを相談してから、蒼太の様子がおかしくて…。

晴日への恋愛感情を自覚している蒼太は、気持ちが抑えきれなくなるのを恐れて、正面から晴日と向き合う事を避けています。
無自覚な晴日は、そんな蒼太の態度がもどかしくてぶつかっていき、蒼太の気持ちを知ったことでようやく自分自身の気持ちを考える事に。
元々下地があるので、晴日の心は一気に変化していきます。
会わない期間にどんどん晴日の中で幼馴染みの蒼太が1人の男として意識されていくのが手に取るように分かって、その甘酸っぱさが美味しい~。
高校生同士らしい不器用で勢いのある心の動きが微笑ましかったです。

『こじらせる日々』
ちなみに、晴日は『のぼせるからだ』に登場した草羽の甥です。
蒼太が草羽にエッチの仕方を伝授してもらい、晴日との初エッチに臨む話なのですが……最後思わず吹きだしました(笑)
色っぽい話になったかと思えば~。
晴日と蒼太のカップルは、意外と晴日が強いのがいいですね!

--
ということで、ミナヅキ先生の新刊でした。
繋がりのある2カップル、大人組と子供組の話が収録されています。
どちらも面白くて、それぞれの美味しさが味わえる1冊ですね!
大人はいろいろ経験した分臆病になっていたり、自信家になっていたりしていて、そこから変わるのに時間がかかっています。
それに対して若いふたりは心に柔軟性があって、その対比が生かされていてよかったと思います。
まぁ、晴日と蒼太は元々幼馴染みで、既にある程度心を許しているというアドバンテージも大きいんですけどね。
以前感想を書いた2冊(「この夜のすべて」「知らぬは おまえばかり」)と比べるとインパクトは弱いですが、それでも十分面白い作品でした!
表情にやられるなぁ。
次の作品も楽しみにしています♪
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1033-f614093d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |