にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

見つめて、もっと :絢谷りつこ

4048708341見つめて、もっと (B‐PRINCE文庫)
絢谷 りつこ
アスキー・メディアワークス 2011-10-07

by G-Tools

ネタはとても美味しい!
でもなんだかキャラの性格と行動に違和感が…。
【見つめて、もっと/絢谷りつこ/小嶋ララ子/B-PRINCE文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
ショーパブでストリップダンサーとして働く鹿野ケイ。
ある日、街で絡まれているところを助けてくれた弁護士・志木亮介と店で再会し、口説かれるが、ケイは「結ばれるのは生涯1人だけ」と拒む。
でも、その後も声をかけてくる志木が心の中ではずっと気になっていて…。

男性を相手にしたストリップダンサーと言っても、ケイはゲイではない。
ケイにとってストリップショーの性的な意味合いは薄く、ショーで自分を魅せる事にやりがいを感じている。
街で助けてくれた志木に憧れを抱いていたのに、それを裏切るような軽い調子で手を出され、ベッドに誘われたケイ。
生涯1人の相手と添い遂げたいと思っているケイはその誘いを断ると、志木はそんな理想を言うケイに落胆していたが、その後も志木はケイに誘いをかけ、ふたりは度々食事を共にするようになった。
ケイはダメだと思いながらも志木に惹かれていく。
しかし独り身だと言いながらもはめられている指輪に、ケイの不安は募っていき…。
という、特殊な場所で出会った、年の離れたふたりの話。
ケイは20歳で、ストリップダンサーとして働いている反面、中身は恋愛経験も性的な経験もないという初々しい男の子です。
それに対して、志木は一見真面目で優しい弁護士ですが、再会したケイに対してはかなり軽いノリで迫っています。
経験の浅いケイは志木に翻弄されっぱなし。
最初に出会った時に惹かれた事もあって、相手が自分に対して本気でないと分かっていても、甘い言葉やスキンシップ、そして伝わってくる大人の包容力や優しさにどんどん心が堕ちていく。
でも、志木はそんなケイに対して、逆に距離を置こうとする。
そこには志木の心の傷が関係しているのですが…。
うーん、最初の女装や、男の子のストリップショーという掴みはかなりオッケーだったのですが、恋愛モードに入ると気になる部分がたくさん出てきてしまいました。
どうしてケイがゲイでもないのに男性相手にストリップショーをするような店で働いているのか、まずその設定の背景が薄いです。
母親が水商売だったとは言え、ケイみたいな子が、最初ウエイター扱いだったとしてもこうした場所で働こうと思うのかな?
高卒でも他に働くところいっぱいあるでしょ。
例えば元々ダンスに興味があって、子供の頃から風俗店に馴染みがあったという流れがあるなら納得できます。(この店は風俗店ではないけど)
そして志木の行動と性格が一致しなくて、全然掴めませんでした。
いくらケイが可愛いからと言って、ノーマルな男性が躊躇いもなく本気でない相手にフェラするのか?しかも飲むのか?!
やる気ありすぎです、志木さん。
志木は、真面目な感じではなく、もっと強面で口も悪く、近寄りがたい雰囲気なんだけど実は心に傷を抱えているようなキャラだったらしっくりきます。
志木の過去が…もちろん本人にとっては辛いだろうけれど、そこまで自分を責める事ではないと思うんですよね。
理想を語るケイに対して、志木は自分を重ねて否定的な態度を取っていたので、それを裏付けるような過去があるのかと思っていました。
そして、どうせならケイはゲイだと自覚していて、ノーマルな志木に対する初恋で悩んでいるほうがしっくりきます。
女装も趣味くらいのネタだったらいいのに。
若くて可愛い女装趣味のゲイの男の子でいいじゃない
そんな子が、口が悪くて近寄りがたいけど実は優しい大人の男と出会い、恋に堕ちて右往左往する話だったらとても美味しかったなぁと思いました。
個人的な好みも多分に含まれた願望ですが。

いろいろとダメ出しをしてしまいましたが、濡れ場は萌えました!
私、最近可愛い男の子が好きなんですよね…。
ケイみたいな初々しくて可愛い子が羞恥に悶えてたり、一生懸命だったりする姿に萌えツボが刺激されまくりでした。
加えて、女装!ランジェリー!!
読みながらニヤニヤしちゃいましたよ!
もっと描写いっぱいあってもよかったのに!
志木がそれに食い付いているのが、なんだか微笑ましい気持ちになりました。
心はストイックでも身体は正直ですね、志木さん。
変態さが隠しきれてませんよ(笑)

ということで、絢谷先生の新刊です。
絢谷先生の作品は以前1冊読んだだけで、普段は買っていないのですが、今回はララ子先生のイラストに惹かれて購入しました。
挿絵、すごくいい!
こんな可愛い子に手を出しちゃいかんだろう、志木さん…と常識的に考えたらどうなんだと思わないでもないですが、萌えるからよし。
ただ、挿絵で過剰に期待をしてしまったせいか、設定にモヤモヤしてしまう部分が気になってしまったのが残念です。
キャラの性格が違ったらもっと好みでした。
あぁ、女装趣味の可愛い男の子の話が読みたい…!
関連記事
2011.11.06 14:27 | 絢谷りつこ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1032-e4fc80f7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |