にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

薔薇の奪還 :夜光花

4813012388薔薇の奪還 (SHYノベルス)
夜光 花
大洋図書 2011-09-13

by G-Tools

このシリーズ、設定や名前を思い出すまでが毎回大変ですが…。
期待していた展開にムフフフ!ついに!
【薔薇の奪還/夜光花/奈良千春/SHYノベルズ(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
18歳を迎え、能力に目覚めた相馬啓は薔薇騎士となった。
騎士団本部のあるマルタに移っても、「守護者」であるレヴィンとラウル、ふたりに惹かれてしまう啓は、片方を選ぶことが出来ずにいた。
そんな中、「不死者」の始祖であるアダムの襲撃を受け、啓は行方不明となってしまうのだが…。

薔薇シリーズの4作目。
以下、かなり話の展開を含めた感想になっているので、シリーズ未読の方、ネタバレを気にする方はお気をつけくださいませ。

啓の出自を糾弾し、追放しようとしたルイスにより、追われる身となった啓。
そんな中、啓とラウルはアダムに襲撃され、ふたりは行方不明となってしまう。
啓の不在により薔薇騎士団総帥となったルイスは、その絶対的な権限によって騎士団員たちの行動を制限し、怪しいサブメンバーを引き入れ、騎士団を自分にとって都合のよい形に変えていった。
残された啓を支持するメンバーは、ルイスの正統性を疑いながらも従うしかない。
そして3年後、密かに反ルイスのための準備を進めていたメンバーの前に、行方不明となっていた啓が姿を現す。
アダムに捕らえられていたラウルを助け出した啓。
啓の血により昏睡状態に陥っていたレヴィンも目覚め、啓たちはルイスにより乗っ取られた薔薇騎士団を取り戻すために動き出すのだが…。
相変わらず登場人物が多くて最初戸惑いますよ!
カタカナ名は覚えるの大変!
実は序盤寝落ちたりもしたのですが、今回は大きく状況が動いたこともあり、途中からは話に惹き込まれて一気に読んでしまいました。
何と言っても、3年の間に啓がすごく成長してる!
今までもそれなりに能力を使って戦っていたのですが、修行のおかげで能力を使いこなせるようになってます。
このシリーズ、私は同じ夜光花先生の「凍る月」シリーズと似たような印象を持っていて、「凍る月」の主人公(光陽)は平和主義で突拍子もない行動に出るところが苦手だったので、啓もそんなタイプかと不安だったんですよ。
でも、啓は光陽と違って自分でしっかり戦える力を手に入れて、皆を率いる存在となってきたのでホッとしました。
求心力があって、薔薇騎士としての力もある主人公が、攻じゃなくて受というところが面白いなぁと思います!
愛されキャラだけど嫌みに感じないのがいいですね。

そんな愛されまくりの啓はこれまでずっとレヴィンとラウルに求愛されていたわけですが………。
ついに!ついに!!
「二股に悩むなら3人でやったいなよ!」
「みんなで幸せになるにはこれしかない」
と常々言っていた私の希望がついに叶いましたー!
3Pキター!!
甘い3Pも美味しいですが、攻同士が意識し合っている3Pも美味しいですよね~。
反発しているけど認めてやるぜ的な関係が好きです。
そして、そんなふたりの間で動揺しつつも乱れてしまう受がかわいい。
もうひとりの攻にしがみついている体勢でやられている状態が好きだ!
ウダウダ悩んでいた啓もなんだか吹っ切れたようだし、よかったよかった。
とは言え、最終的にどんなカップリングになるのかまだ分からないですが。
以前はラウルを心配していたけれど、今になってみるとレヴィンの方が危うい状況なのではと思えてきました…。
この3人の場合、今後も常に3Pというわけではないと思いますが、これからも3P描写があることを期待しています!

というわけで、薔薇シリーズも4冊目となりました。
3年経って、啓がかなり成長していたのが大きな変化ですね。
このシリーズ、設定が特殊だし、登場人物も多いので、世界観やここまでの話を思い出すのに毎回序盤で苦労します。
前の本の最後を読み返さないと忘れてる!
思い出してしまえば、対立構造は割とシンプルなので大丈夫なのですが…。
今のところアダムはたちの悪い愉快犯といった感じですが、その辺りは今後もっと背景が出てくるのかもしれません。
この巻は勢いも萌えもあって面白かったです!
「苦手意識>期待&萌え」に傾きつつあった私の心が、今回の展開で「苦手意識<期待&萌え」に軌道修正されました。
残り巻数が少なくなったとあとがきにありましたが、あと2,3冊でしょうか?
次は来年…?
早めに続巻お願いします!

■特集サイトがあります→コチラ
登場人物の確認や、番外編SS、インタビューなどなど。
薔薇騎士団のメンバーが詳しく載っているので、キャラの確認に役立ちそうです。

■シリーズ
「薔薇の刻印」
「薔薇の血族」
「薔薇の陰謀」
「薔薇の奪還」

薔薇の刻印 (SHYノベルス250) 薔薇の血族 (SHYノベルス) 薔薇の陰謀 (SHYノベルス265) 薔薇の奪還 (SHYノベルス)
関連記事
2011.09.28 01:52 | 夜光花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1019-a27cc969

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。