にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

セーフティ・ゲーム :砂原糖子

4403522858セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)
砂原 糖子
新書館 2011-09-09

by G-Tools

ネタは面白いけれど、攻の性格がひっかかる…。
ヘタレっぷりに活を入れたくなりました。
【セーフティ・ゲーム/砂原糖子/金ひかる/Dear+文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
親から継いだ内科医院の院長である友村理史。
優しくて気の利くMR・香島成貴に惚れているけれど、自分に自信のない友村は行動を起こせないままだった。
ある日、友人の花山にゲイバーに連れて行かれた友村は、成り行きで女装させられてしまう。
そこへ、何も知らない香島が現れて…。

医院長と行っても、そこは個人経営の病院で、まだ若い医師である友村。
父の頃より患者も少なく、回ってくるMRも多くない。
そんな中で、いつも優しく、熱心に話を聞いてくれる香島に対して、いつしか友村は好意を抱くようになっていた。
しかし、ひょんな事から女装していた友村を香島は女性だと勘違いし、友村も本当の事を言い出せないままサトミと名乗り、ふたりは親しくなっていく。
ついには告白され、付き合う事になるのだが…。
という、お互いに本当の事が言えずに悩むふたりの話。
あらすじで分かるように、ネタ的にはイロモノの匂いがプンプンしますが、実際読んでみるとそこまで極端な話ではなかったように思います。
女装はネタではあるけれど、友村はしたくて女装しているわけではないし、香島もその女装に騙されているわけでもない。
あ、説明が遅れましたが、香島はちゃんとサトミの正体を分かっています。
というより、友村がサトミになるよう影で仕向けたのは香島の仕業。
営業先の医師とMRという関係上正攻法で攻められないからと、サトミになった友村と知り合うよう自ら仕向け、何も気付かないふりをしてサトミと親しくなっていく。
デートを重ね、キスをして、告白して、と順調に進展していきますが、当然そんな関係は長く続ける事が出来るはずがありません。
好意を寄せる相手との恋の進展に対する胸の高鳴りと、本当のことを隠したままではいられないという不安。
その辺りがこの話のポイントなのですが…。
受の女装と言うと、木原先生の「美しいこと」を思い出します。
でも、友村の女装はそれと比べると吃驚するくらい不出来なんですよ。
付け焼き刃なので、カツラかぶって化粧をして女性の格好をしても、近くで見たら明らかに女装がばれるレベル。
声はなんとか頑張っても、流石に裸の胸を見て男と気付かないわけがない!
例えAAカップであってもやっぱり男と女とでは骨格が違いますよね。
それでも成り立っているのは、香島がサトミの正体を知って付き合っているからに他ならないのですが、その辺りが読んでいて微妙に引っかかってしまう…。
友村の頑張りは健気だと思うし、どんどん膨らんでいく不安も理解できます。
が、香島はちょっと調子に乗りすぎなんじゃ?
仕事の関係上簡単に親しくなれなくて最初の切っ掛けが女装になったのはまぁいいとしても、そこからも騙し続けようとする香島はずるいと思います。
友村は女装というリスクを背負って悩んでいるのに対して、香島は安全なところから出ないままなのが、友村を軽視しているように感じてしまうんですよね。
まぁ、友村を想う気持ちは真剣なので、そういう行動は臆病さからくるところが大きいんでしょうけど。
それに、見方を変えると、明らかに女装と分かるような出で立ちの友村と外でデート出来る香島は、愛情溢れる人なのかもしれない…。
香島が友村の悩みが深くなる前にちゃんと正面からぶつかっていけば、格好いい攻でいられたのに!
香島のヘタレっぷりに活を入れたくなりました。

女装ネタは小説ではなかなか出会わないのですが、なかなか奥深いですよね。
今回、結果的に傷ついてはいるけれど、友村も女装をしていたからこそ感じられた幸せがあったわけですし。
外で手をつないだり、恋人にエスコートされたり、そんなささやかだけど男同士では簡単ではない行為を、臆病な友村が人目を気にすることなく受け入れられたのは、女装のおかげです。
女装していた時と男の時の気持ちの差が面白い。
そして、もちろん萌えエロ的にも美味しいです!
ただ、私は女装萌え属性ありなのですが、今回の友村の女装にあまり惹かれませんでした。
女装と言うより仮装に近い…から?などと考えていたら、「あまり女装萌えはない」とあとがきで砂原先生が書かれていて、とても納得!
やっぱり作家さんの萌えって作品に反映すると思うのです。
萌えに対するパッションが伝わってくるからこそ、こちらも萌えたり、面白かったりするのだろうなぁと思う。
あ、でもスカートの下に何も履いていないという状態はエロくてよかったですww
女装というより、私はスカート着衣のままでのエッチが好きなのかも…。
倒錯的な状態に受の羞恥心と攻の興奮がヒートアップしていく過程に萌えます!
そんな描写がもっとあったらよかったなぁと思いました。

ということで、砂原先生の新刊は女装モノ!
砂原先生の作品は割とイロモノのラブコメが多いのですが、今回もそんな1冊。
女装ネタにワクワクしながら読んだのですが、攻が…。
攻の性格が無自覚に酷いというか、優しいようでいて自己中心的なところが見え隠れしているので、香島に対する印象がこの作品の読後感に大きく影響すると思います。
個人的には最後まで引っかかりを覚えました。
砂原先生の「恋のはなし」の攻も同じタイプだったように思うのですが、そちらは痛い目にあって改心しているから許せたんですけど…。
香島はもっとぎゃふんと言わされたらいいよ!
消化不良気味だったので、無性に萌える女装モノを読みたくなりました。
どこかに女装趣味の受の話とかないかしら?
関連記事
2011.09.23 01:18 | 砂原糖子 | trackback(0) | comment(4)
            

にゃんこさま

こんにちは。
私もちょうど昨晩読んだところでした(笑)
もやもやしていた微妙な消化不良感を言葉にしていただいて、ほんとうにスッキリです! 
ありがとうございます。
作家さんの萌えのパッション…確かに!
作品に反映されますよね。
大事ですよね。
先日、野村さんの『共鳴関係』読みました。
野村さんの作品は初めてでしたが、昔の名作ってどこか、胸がいたい!!
すごく面白かったです。せつないというか、人の弱さとずるさを目の当たりにさせられて、
リアル感満載でした…。身につまされる。
山藍さんの『ダークブルー』もすてきなお話で。こちらは耽美❤

今から、にゃんこさんのブログをみて買いました、いとうさんの『淫らな~』を読みます。
いとうさんの文章というか、どうもノリきれないとことがあるのですが、
こちらはにゃんこさんがプッシュしていたので楽しみです。

これからもアップお待ちしております!
モグ

2011.09.23 06:56 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは~

この攻の性格はちょっとどうかなぁと感じてしまいますよね…。
ちゃんと好きなのは分かるんですけど~。
もうちょっと痛い目にあってもいいんじゃないかと思いました!

昔の作品は今のBLとは雰囲気が違いますよね~。
例えば木原先生の作品も痛いんですけど、それと野村先生の痛さは別物で、何が違うか説明しろと言われても上手く言葉に出来ないのですが…。
今のBLも、昔の所謂JUNE作品も大好きです!

いとう先生は如何でしたか?
萌えのパッションが光っていて私は面白かったです~。
コメントありがとうございました。それではまた!

2011.09.26 02:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさま


こんにちは。
いとうさんの作品、すごいパッションを感じましたヨ! 
面白かったです。ありがとうございます。
初めていとうさんの話にぐいーっとひきこまれました(笑)。
なんて、すごい失礼ですね。

木原さん、学生時代に夢中になってました。
今は…ある種の覚悟と余裕が必要に。
なんていうか、本当に痛いんですもの。
美しいガラス細工のようなせつない痛さじゃなくて、
本当に泥臭く、目をつむりたい痛さ…。
臭いがすごいからふたをしておきたかったのに、パカっと白日のもとに! 
でも、そこを越えて、というのが蠍座のなせる技なのだそうです。

崎谷さんも昔すごく好きでした、
ブルーサウンドシリーズとか昼メロちっくな感じで。
今は…う~ん。時代は変わりますね。
その代わり新しい作家さんたちもたくさん。
にゃんこさんの最近の作家買いベストはどんな感じですか?
にゃんこさんの感想のところに、「エダさんへの意見は厳しめです」
と書かれてあって、なんかツボでした。

私は…今後の成長も含めて気になるのは樋口さんです。

そうそう、『秋山くん』読みたいです!
アマゾンだと在庫がないみたいで1週間かかるというので、
書店に行ってみようと思います♪ 新人さんなんですか!?

もぐ

2011.10.01 12:03 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは!

好きな作家さんは変遷しますよね。
いろいろな作品を読んで自分のBLに対する感覚とか求めるものが変わったのか、年齢的なものなのか分かりませんが、木原先生や崎谷先生についての印象は私も同じです…。
その点、榎田先生は新旧問わず、そして読み始めた頃も今も毎回面白く、例え大ヒットでなくてもしっかり満足させてくれる作家さんなので私の中では別格!
なので、他の作家さんと同列にするのは難しいです。

私も樋口先生に注目しています!
個性が光っていますよね~。

「秋山くん」は手に入りましたでしょうか?
私も詳しい事は知らないのですが、オリジナルの商業本はこれが最初なのかな?
すごく面白かったので、今後に注目ですよ!

コメントありがとうございました。返信が遅くなり申し訳ありません…!
またぜひおいで下さいませ。ではでは~

2011.10.07 02:44 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1017-6771c6f1

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |