にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

神の囲い人 :沙野風結子

4829625147神の囲い人 (プラチナ文庫)
沙野 風結子
フランス書院 2011-09-09

by G-Tools

和姦6P!!私の今までの最多人数をおそらく更新しました。
もう少しじっくり読めるとよかったです。
【神の囲い人/沙野風結子/梨とりこ/プラチナ文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
大国・カイゼル帝国に隣接する貧しいラカン神国。
人々の信仰の中心となっている天子様に仕える「神兵」のひとりであるセツは、カイゼル国国境での戦いの中で敵国の上級大将・ヨルク・レイドに捕らえられる。
ヨルクはラカンの情報を探るため、セツを手懐けようとするのだが…。

1冊の中に3組それぞれの短編と、最後のまとめの短編、合わせて4話収録されているので、1話1話は簡潔にまとまっています。
1組目はあらすじを書いたヨルク×セツ。
2組目はラカン神国の軍人・シン×ヨルクの友人である軍医・キール・カッツェン。
3組目はカイゼル帝国の皇帝・アーシェイド・カイゼル×ラカン神国の天子・ミコト。
3カップルの話が順番に進んでいくなかで、全体の話も進んでいます。
後半のあらすじは話の展開的にネタバレになっているので、お気をつけください。

『神の人形』
青みがかった黒髪に黒い瞳、黄桃色の肌という東洋人的な容姿のラカン国民と、白い肌に金髪という色素の薄い容姿であるカイゼル国民。
全く異なる文化を持つふたつの国の間では度々戦いが起こっていたが、貧しいラカン神国は常に劣勢を強いられていた。
民が天子様への忠誠を誓うラカン神国は閉鎖的で情報が乏しく、ヨルクは戦いの中捕らえたセツから情報を引き出そうとする。
厳しい戒律に縛られているセツは頑なにヨルクを拒むが、そんなセツにヨルクは興味を抱くように。
共に暮らすことで次第に心を通わせるようになるふたりだったが…。
という、架空の国を舞台にしたファンタジー。
ラカン神国の雰囲気は昭和初期の日本っぽいです。
ヨルクからしてみると、非科学的な信仰でまとまっているラカンは理解できない存在なのですが、セツの禁欲的な雰囲気や容姿に惹かれていく。
閉鎖的な国で生きてきたセツが外の世界を知り、葛藤しながらもヨルクに心を開いていく様子がかわいいです。
そして、頑なに抵抗すればするほど、そんな相手を苛めて暴きたくなるヨルクの気持ちがすごく分かる!
サディスティックなヨルクの責めに、性的に無垢なセツが信仰や羞恥心によるブレーキを振り切り、快楽に呑み込まれていく姿に萌えまくりでした。
ビバ尿道責め!カテーテル大好き!!

『神の愛人』
ラカン神国に捕らえられてしまったキールは、指揮権を持つシンに近づいていく。
すぐれた医療技術を持っていたことでキールはラカンの中心に近づくが、シンと共にピンチに陥ってしまい…。
シンは体格的に恵まれていますが、セツ同様、性的にとても無垢です。
それはラカンの軍人が、自慰を含め性的な事を禁じられているから。
シンはかなりストイックで堅物な人ですが、人並みの性欲はあるのでキールの誘いに負けてしまい、そこから二人の秘密の関係が始まります。
キール、『神の人形』に出てきた時はもっとドSな人かと思っていて、ここでも最初は誘い受なのですが、意外と純情な人でした。
そしてシンの無骨な童貞攻が新鮮!
童貞なのにヘタレ攻にはなってない!
まぁ、格好良くても性欲を持て余しすぎて悶々としてますけどね(笑)

『神の囲い人』
カイゼル帝国に帰属することになったラカン神国。
天子であるミコトは、アーシェイドにより辱められ、帝国に連れて行かれることになるのだが…。
最後は皇帝と天子が登場です。
ラカン神国の秘密が暴かれていき、アーシェイドはミコトがその被害者であったことを知ります。
ミコトも国の現状を目の当たりにしていく。
半ば幽閉状態で洗脳されてきたミコトへの同情が、次第に愛情に変わっていくというパターンですね。
子供の頃から悪い大人に陵辱されていたエピソードは、胸が痛むけれど、個人的にはめちゃくちゃ萌えツボです…!
心は純粋、身体は無意識に淫乱って……そんなの美味しいに決まってる!!

『初夜~青年王妃~』
3カップル成立後の話。
ここでついに3カップルで6Pです!
と言っても、スワッピングと言う程ではなく、基本はアーシェイド×ミコトですが。
他の2組の話の中で、カップルとなった相手とは別の人物に対するほのかな恋情が臭わされているのですが、それがここに上手く繋がっていました。
しかし…6人もいると状況把握するのが大変だ!
別カップルのエッチが隣で同時進行しているからこそ羞恥心が煽られたりすると思うのですが、それぞれが何をしているのか文字だけだと追いきれない…!
まぁ、兎にも角にも、6人が同じベッドで組んず解れつしているのは萌えますね~。

--
というわけで、沙野先生の新刊は3カップルが登場するファンタジーでした。
それぞれの話が短いので心の動きを追うには尺が足りませんが、沙野先生特有のネットリした描写による雰囲気作りがすごく効いていました。
エロ描写が美味しい!!
ただ、最後の話はもっとボリュームが欲しかった…。
あとがきによると沙野先生の目的地は6Pだったということだし、私も大好きな設定だったので、少し物足りない気持ちが残りました。
思う存分弾けたエロが読みたかったです!
1冊にまとめるよりも、それぞれの話ももう少し広げて、全部で2,3冊にした方がよかったのでは?
キャラも設定も好きなので、もっとじっくり楽しみたい話でした。
ところで、6Pってなかなかないですよね!
3P, 4Pくらいは時々見かけますが。
私の経験の中では、山藍先生の「ラ・ヴィアン・ローズ」に出てきた5Pが今までの最多人数だった気がします。
輪姦じゃない、和姦の6P!!
物足りなさは感じましたが、この6Pだけでもこの作品を読む価値はあると思いますw
沙野先生のネットリエロ描写も堪能できますよ~
関連記事
2011.09.10 00:35 | 沙野風結子 | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさま

こんにちは。
前回は三人遊びですし、最近は複数系の波がきていらっしゃるのでしょうか。ふふ。
私もさっそく拝読しました。
この方のイラスト、素敵ですね!
でも、にゃんこさんのおっしゃている通り、最後は文字で追うに限度があり、気がついたら寝てしまって、朝でした(笑)。あごの下にぐしゃっとつぶれた本が…。
がーん。
夜こう花さん×この方のイラストで3人ものありましたよね。こちらもにゃんこさんがおすすめされていて読んだんですけど、こちらのほうが感情移入しやすかった!
最近、イラストの方と作者の方の相性ってすごくあるし、イラストの威力って思っているよりすごい、と実感することが多いですよ~。
にゃんこさんは、イラスト買いのことを円陣さんのときにおっしゃってましたので、小説なのにイラスト買い!?ってびっくりしましたけど、それはアリですよね。
以前、編集の方から、「蓮川さんは、イラストが美麗なだけじゃんくて、小説に必要以上にコミットしてこない希有な方なんですよ。たとえば、山田さんだと、いい悪いではなく、山田さんカラーに一気に染められてしまうから」という意見を伺ったことがあって、なるほど、そういう見方もあるんだなぁと思ったんですが。
にゃんさまがお好きだという穂波ゆきねさんのイラスト。最初見たときは、『他人じゃないけど』でした。このときは、ピンとこないイラストだと思ったのに、いまでは、もうせつない系にはなくてはならない! というまでに気に入ってしまい。洗礼は、きっと、にゃんこさんにおすすめしていただいた遊郭ものでしょうか。

雲田はるこさんの『野ばら』読まれました?
レトロでファンシーで可愛かった! です。なんか萩尾さんとかの時代っぽいノリ…。
BLではないですが『落語心中』も評判みたいで気になります。落語ってよく漫画のネタになりますよね、そういえば。

これからも、ご感想楽しみにしております。
寝る前にチェックするのがすごくわくわく時。更新がない日も、殿堂入りを読み返すだけでむふふ。。。なのです。
いつぞや、JUNEの読み返すべきリストというものをおつくりでしたよね。それを先日見つけてしまって、DARK BLUEを取り寄せたところなんです。これから読みます♪

モグ

2011.09.14 00:11 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは!

複数モノが続いてます(笑)
元々好きですが、今年は以前にも増して出版される数が多いような?
どんどん来い!とワクワクして待っています~v

挿絵買いは以前より減りましたが、やっぱり挿絵の効果は私の中で大きいですね。
読む前に挿絵を見てテンションが上がることも多々ありますし、逆に、好きな作家さんでも苦手な絵師さんだとキャラに取っ付きにくかったりします。
ユギ先生の話、興味深いです~。
確かにユギ先生の挿絵だと、どれもユギ先生のキャラという印象が強い…。
そうではなくて、小説のキャラに自然と寄ってくる、穂波先生や蓮川先生のような絵師さんもいますね。
私は後者の方が好みで、好きな絵師さんはそちらのタイプがほとんどな気がします。
挿絵効果でキャラの魅力が倍増!
最近はまっている梨先生や葛西先生は、個性がありつつもしっくりくる魅力的な絵柄で大好きなのです。
今回も萌えました~♪

雲田先生のコミックス、まだ読んだことないのです。
面白いという評判をよく耳にするので、モグさんオススメの「野ばら」読みたい!

いつも暖かいコメントありがとうございます(^^)
またオススメの作品などありましたら教えてください!ではでは。

2011.09.17 03:32 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1013-9d508755

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。