にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

交渉人は愛される :榎田尤利

481301237X交渉人は愛される (SHYノベルス)
榎田 尤利
大洋図書 2011-07-29

by G-Tools

読みたいけど読み終えるのが勿体なくてしばらく寝かせてしまいました。
またふたりに会えると信じてる!
【交渉人は愛される/榎田尤利/奈良千春/SHYノベルズ(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
交渉人の芽吹は、ある人物に息子の救出を依頼される。
依頼人は鵜沢組の組長、そしてその息子は鵜沢万里雄。
芽吹も関わったある事件により身柄を拘束されることになった万里雄だが、末期癌に倒れ、組の解散を決意した鵜沢にとってはそれでもたったひとりの息子であり、死ぬまえに会いたいと言う。
断ることが出来ず引き受けた芽吹。
しかし、万里雄を軟禁しているのは、兵頭のいる周防組で…。

今回のミッションは万里雄の解放です。
万里雄は芽吹にとって関わりたくない人物なのですが、病床の鵜沢に父親の顔で頼まれたら断れないのが芽吹の性格ですよね。
それに、万里雄を助けるために交渉できるのは芽吹しかいないのも事実。
そもそも、この状況になったのは前作「交渉人は嵌められる」「交渉人は諦めない」の事件に出てきたUSBが原因です。
鵜沢組と周防組の上部組織である真和会の薬物関係の情報が入っていたそのUSBを巡り芽吹は散々な目にあったのですが、万里雄はその事件の責任を追及される形で軟禁されている。
ヤクザの間での揉め事だけれど、芽吹にとっても無関係ではないため、鵜沢は芽吹に依頼します。
交渉の場を作るために芽吹は真和会に探りを入れ、そこで今回も個性的な面々と出会い、助けられていくことに。
榎田先生はこうした脇のキャラクターの動かし方が本当に上手いですね。
元々いるメンバーも個性的なのに、それに埋没せず、かつ目立ちすぎない。
芽吹たちは難しい依頼に苦戦していますが、序盤から中盤にかけてはコメディ要素もあり、軽快なテンポで話が進んでいきます。
でも、そんな簡単に解決するわけもなく、事態は一変、シリアスモードに。
この切り替えがすごく胸に来ます。
頼りなさそうに見えても、今まで何度も苦境を乗り越え、自分を追い込んできた芽吹の本気モードは圧倒される。
今回は、今までのように芽吹と兵頭が恋愛感情に関して悩む話ではありません。
既に揺るぎない信頼関係があり、仕事上では相容れない互いの立場を認めた上で付き合っている。
その上で、ふたりがどのようにお互いを尊重し、想い合っているかがしっかり伝わってくるので、ふたりの関係については安心して読む事が出来ました。
口では何だかんだ言っても、芽吹は兵頭がいないとダメな自分を分かっている。
子供っぽい面を見せたり、素直に謝ったり、素の自分を晒している。
このシリーズは、所々別の視点が入りますが、基本的には芽吹の一人称で書かれているので、兵頭を大切に想う芽吹の心が否応なく読んでいてなだれ込んできます。
ふたりの距離感が自然と近くて、私の心も愛おしさでいっぱいになりました!

ということで、交渉人シリーズはこれでひと区切り。
シリーズの締め方としてはすごくよいまとめ方だったと思います。
引き際が大切だと分かっていても、やっぱり終わってしまうのは寂しい…。
「完結」という形にしなかった理由があとがきに書かれているのですが、それを読んで榎田先生のこのシリーズへの思いが伝わってきて嬉しくなりました。
これからも芽吹はいろいろな事件に巻き込まれていくんでしょうね。
でも、それに正面から愚直に向き合っていくであろう芽吹と、そんな芽吹を見守る兵頭、そして芽吹を愛するたくさんの人たちの姿が目に浮かぶようです。
「交渉人は愛される」
交渉人シリーズのまとめに相応しいタイトルでした。
芽吹を取り巻く人たちも私たち読み手も、芽吹を愛してる。
今までは芽吹が抱えていた重い過去に繋がる話が多くて、内面を掘り下げていく展開が多かったのですが、そんな過去を乗り越えた上で、芽吹がどう周りの人たちと関わっているか、どんな姿勢で仕事に取り組んでいるのか、そしてどう兵頭と付き合っているのか、そんな芽吹の今が分かる1冊でした。
こみ上げる思いがいっぱいあって、感想が上手くまとまりません。
兎にも角にも大好きです!
芽吹も、兵頭も、キヨも智紀も七五三野も伯田も、みんな大好き!
榎田先生、ありがとうございました!
またいつか、ふたりに出会えることを信じて待っています。


(その頃には奈良先生の画の変遷がひとまわりして元に戻っていると…いいなぁ)

追記
100冊刊行記念で特別編が登場しました!!
奈良先生の画はまた違うステージに突入していました…

■シリーズ
「交渉人は黙らない」
「交渉人は疑わない」
「交渉人は振り返る」
「交渉人は嵌められる」
「交渉人は諦めない」

「交渉人は愛される」
「交渉人は休めない〜榎田尤利100冊記念特別版〜」

「スウィーパーはときどき笑う -交渉人シリーズEX.-」キヨ×智紀

交渉人は黙らない (SHYノベルス) 交渉人は疑わない (SHYノベルズ) 交渉人は振り返る (SHYノベルス) 交渉人は嵌められる (SHYノベルス) 交渉人は諦めない (SHYノベルス) 
交渉人は愛される (SHYノベルス) スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) 交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)

関連記事
2011.08.27 01:25 | 榎田尤利 | trackback(0) | comment(1)
            

とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!

2011.09.28 21:13 URL | ビジネスマナー #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1009-6574198f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |