にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

運がいいとか悪いとか :館野とお子

4861344921運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)
館野 とお子
フロンティアワークス 2011-06-22

by G-Tools

どちらかと言えばあっさりした画と話なのに、とても惹き込まれました。
3人の関係がどうなるのかドキドキワクワク!
【運がいいとか悪いとか/館野とお子/ダリアコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
岡田は上司の国富に想いを寄せている。
でも、側にいて一緒に仕事をし、少し抜けたところのある国富の世話をしているだけで、その想いを伝えようとは思っていなかった。
そんなある日、飲み会で一緒になった別の部署の社員・加賀谷に声をかけられたことで、そんな生活は少しずつ変わっていくのだが…。

入社して3年間、ずっと国富と一緒に仕事をしている岡田。
仕事は出来るけれどどこか抜けている国富に、岡田はいつしか惹かれていて、抱かれたいと思うようになるけれど、それは頭の中だけの話。妄想。
国富も自分も男で、岡田も元々男が好きだったわけではないから、実際に行動に移して実現しようとは思っていません。
だけど、加賀谷の登場で妄想が妄想じゃなくなってしまう。
加賀谷は岡田が国富に想いを寄せていることに気付いていて、「男と初めてだったら試してみない?」という軽いノリで岡田に誘いをかけます。
迷った末に結局身体の関係を持った岡田は、今まで妄想だったからこそ留めておけて国富への気持ちの変化や、自己嫌悪や、いろいろな感情に揺れることに。
好きな人がいるのに他の人と関係を持ってしまう展開は、BLだと珍しくないです。
男同士だから好きでも行動に移せない。
自分がノーマルであれゲイであれ、好きな相手がノーマルだったら男同士の壁は高いですよね。
友人とか会社関係の人とか、玉砕しても関係が続いてしまう相手なら尚更。
その状況で、恋愛の成就より近くにいることを選んで諦めていても、好きだったら当然寂しい気持ちもある。
そんな心の隙間に入り込まれたら、グラグラしちゃいますよ。
でも、元々ゲイではない岡田にとって、誘惑を拒みきれず加賀谷と関係を持ったことで男同士のセックスを知り、妄想の世界にあった国富とのセックスがリアリティを持ってしまう。
今までずっと気持ちを隠してきていたのに、加賀谷との関係を持てば持つほど国富の前で感情を抑えるのが辛くなっていく。
この展開がすごく上手いなと思いました。
岡田の容姿は普通で、特別モラルが低いわけでも、潔癖なわけでもない普通のサラリーマン。
そんな岡田が、いつしかどんどん自分の恋愛感情に振り回されていく様子がすごく伝わってきて、私も一緒に胸がギュッと締め付けられていく。
「ただ 好きだっただけだったのに」というモノローグが、なんだかもう、私の涙腺刺激しまくりでした。
岡田が可愛くて仕方ない!

岡田視点の話なので当然岡田には共感するのですが、読んでいると加賀谷の存在がどんどん大きくなってきます。
この話、岡田は最後にずっと好きだった国富とくっつくのか、それとも当て馬・加賀谷にほだされるのか、どっちに転がるのかずっと分からなくてドキドキでした。
感想ではその結果は伏せておきますが、何となく分かってしまう表現があったら……すみません。

個人的には加賀谷を応援していました。
加賀谷って適当そうに見えるけど、人の事ちゃんと見てますよね。
で、器用だけど、その器用さで自分で自分の首締めてしまうタイプ。
岡田に対して軽いノリで誘いかけて身体の関係から入っていますが、男同士だと真正面からぶつかるのはリスクが大きくて、岡田のように冗談まがいに誘いをかけるか、酔った勢いでとか、相手の気持ちが本気かどうか分からない状態で関係が始まる事が多いです。
そこからどう気持ちを伝えていくか、相手の心に入っていくかが読み所。
加賀谷の場合は少し事情が違うけれど、そういう努力をしていないようでいてしているというか、意地悪なようでいてそれは岡田を動かすためだったりとか、分かりにくいけれど加賀谷は加賀谷なりに岡田に本気なわけですよ。
それが最初は分からなかったけれど、最後まで読むとよく分かる。
加賀谷、意外と健気で好きです。

そして最後に国富。
この中では一番恋愛感情に疎い人だけど、まぁこのくらいが普通なのかもしれませんね(笑)
私は加賀谷を応援していたので「国富さんめ!」と思ってしまいましたが、慕ってくる部下が可愛いくても、それが恋愛感情なのかどうか考える機会はそうそうないのではないかなと思います。
そんなわけでこの話の中で三角関係の存在に気付くのが一番遅かった国富。
もっと早く気付いていたら全く違う展開だったように、この3人の関係はこうしたタイミングがポイントになっていました。
関わり合いの中で、「好き」という気持ちのベクトルが少しずつ変わっていく。
だから、見ているだけじゃダメなんですよね。
そんなことを感じた1冊でした。

ということで、館野先生の新刊です。
私、館野先生は以前何か読んだような気がするのですがあまり印象に残っていなくて、このコミックスを読んだのは、買う予定になかったけど何となく目に止まったから買ってみたからだったりします。
でも、これは買って大正解!!
3人の関係がどうなるのかドキドキワクワクする展開が上手いなぁ。
岡田、国富、加賀谷、どの人物も悩んでいて、それぞれの視点で読み返してみると、また違った一面が見えてきます。
最後は割と急展開ですが、そのあっさりさがまたいいですね。
岡田も加賀谷も可愛いし。
スーツもステキだし。
身体の線に萌えるし。
キャラも画も好き。
画も話も、全体の印象は淡泊なのに、胸にくるものがあって何度も読み返してしまいました。
他の作品も読んでみようと思います!!
面白かったーー!!
2011.07.04 01:29 | 館野とお子 | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさん!
感想を読ませていただいてすぐ取り寄せたのですが、もう久々にコミックの大正解をあてられたうれしいです。
画がどちらかといえば淡白な方なので、書店でみかけてもなんとなくスルーしてしまっていました…。
すごい面白かったですね。
他の作品も大至急取り寄せ中ですv

あ、先日は署名を忘れたまま「100問」にコメントしてしまってすみません。

なにかないかな~と思っているとき、殿堂入りを拝見して、取り寄せるのが楽しみで、明日は「ボーダーライン」シリーズが届く予定です。
これからも感想お待ちしております!

モグ

2011.07.08 01:04 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは~

100質へのコメント、モグさんかも?と思っていたので正解でしたv
コメントありがとうございます!

館野先生、私も普段スルーしてしまっていました…。
すごく面白かったですよね!
他の作品早く読みたい~~。
こうして予想外のヒットに出会えるとテンション上がります!

グレイゾーンシリーズ、面白いので是非是非!
続編がずっと出ていないのですが…同人誌もいっぱい出ていますよ~。
それではまた!

2011.07.09 20:52 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/991-74d9924e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |