にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

業火顕乱 -二重螺旋6- :吉原理恵子

4199006249業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫)
吉原 理恵子
徳間書店 2011-06-25

by G-Tools

またしても吃驚な展開をしてますよ…!
濃厚です。でもこの濃さがクセになる。
【業火顕乱 -二重螺旋6- /吉原理恵子/円陣闇丸/Chara文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
父親の慶輔が家族を捨て愛人の元へ走って以来、母が亡くなり、沙也加が家を去り、裕太は引きこもり、篠宮家は崩壊してしまった。
それでも、長男である雅紀がモデルとして働き、なんとか雅紀、尚人、裕太の3人で暮らしていたのだが、尚人が通り魔事件に巻き込まれたことで家族を取り巻く状況が大きく変わっていく。
通り魔事件の犯人の思わぬ背後関係によって今まで知らなかった愛人の家庭を知り、篠宮家の面々は益々複雑な思いを抱えていた。
そんな中、借金に苦しんでいた慶輔が家族の暴露本を出すという。
家に残った3人だけでなく、沙也加や、親類にまで影響が及ぶ内容に、関係者たちは戸惑いと苛立ちを抱えていた。
そして、息子の暴挙に耐えられなかった慶輔の父・拓也は抗議をするため息子と愛人の滞在するホテルへ向かう。
衝動的に拓也は慶輔をナイフで刺してしまうのだが…。
前巻のラストで起こった事件を巡って、周囲の人たちの思惑や戸惑いが中心に書かれているこの6巻。
刺された慶輔は意識不明の重体、加害者となってしまった拓也はショックで倒れて死亡という結果になったこの事件は、当然またしてもマスコミの餌となり大騒ぎになってしまいます。
雅紀、尚人、裕太の3人は、衝撃を受けつつも今までの経験があるので、比較的落ち着いて事態を受けとめていいます。
でも、慶輔側の親族にとってこの事件はまさかの展開。
衝撃が大きいだけに、その後の反動も大きそうで心配です。
今回、現場にいたのに止められなかった事に苦しむ智之(拓也の三男。慶輔の弟で尚人から見ると叔父)の息子、零と瑛が登場しています。
この家系は美形揃いですね。
存在感のあるキャラなので、これは今後の展開に何か絡んでくるのかな?
瑛は間違いなくブラコンですよ…。
兄の零と弟の瑛の関係が気になって仕方ない。
そして、前回一悶着を起こした沙也加は、母方の祖父母のところにいるので今回の事件からは少し距離があります。
でも相変わらず雅紀の態度に悶々としている。
沙也加が過去を乗り越えるにはまだまだ時間がかかりそうですね。
兄弟の成長に嫉妬している場合じゃないですよ、沙也加さん!
吐き出す先を見失った沙也加の苛立ちが、変な方向に向かわない事を祈ります。
でも大爆発の時は近そう。
千里もそうですが、女の情念は怖い…。

そんな周囲のバタバタがありつつも、篠宮の3兄弟は意外にも今までになくいいバランスを保っていました。
裕太の成長が眩しい!
血の繋がった兄ふたりがいちゃこらしている状態はもちろん一般的に見たら健全な状況ではありませんが、この関係があってこそ成り立っているバランスなんですよね。
そして裕太も大切なバランスの一片。
裕太視点でもう少しこの辺りを突っ込んで欲しいなぁ。
今回、3人の何気ないやりとりが微笑ましくてよかったです!
もちろん、尚人と雅紀の濃厚なやりとりも堪能できますよ!
尚人の甘い喘ぎ声に悶えました…かわいい…。

さて、そうした篠宮家の面々のやりきれない思いに対して、形的には被害者となった慶輔側も黙っていません。
端から見たら慶輔は刺されて当然な事をしているので同情の余地はありませんが、千里にしてみたら被害者なのに悪者扱いされるのは納得いかないようです。
その原因を作ったのは間違いなく本人たちなんですけどね…。
なんだか思考が身勝手すぎて、腹が立ってきますよ。
でも、心の余裕がなくなって、物事を狭い範囲でしか見れなくなって、他人を思いやる気持ちもなくなっていく事は誰にでも起こり得ることなのかなと思うと怖い。
このシリーズを読んでいると、こんな人には絶対なりたくないなという人物がたくさん出てきます。
慶輔や千里は間違いなくヒール側の人間ですが、普通そうに見えても他人に迷惑をかけていたり、人の気持ちを考えていなかったりする人物も登場します。
でも、もしかしたら自分もそんな人になっているかもしれない。
マスコミに踊らされている覗き趣味の視聴者の1人かもしれない。
思わず我が身を振り返ってしまいました。
尚人のようになるのは無理でも、桜坂、中野、山下みたいな存在になりたいです。

ということで、二重螺旋も第6弾。
恋愛面では揺るぎない関係が出来ているのですが、人間関係の修羅場はまだまだ続きそうですね。
詳しくは書きませんが、今回も最後に吃驚な展開が待っていました。
それは事態収拾への糸口なのか、はたまた次の波乱への第一歩なのか…。
他にも刺激されれば爆発しそうな火山を抱えている篠宮家。
先の読めない展開に不安が募ります。
ここ数年、1年に1冊ペースで出ているので、次はまた来年の夏頃でしょうか。
すでにBLというよりもはや昼ドラのようなドロドロドラマになっているシリーズですが、嵌るとクセになるのはきっとそれぞれのキャラに味があるからですね。
毎回叫んでますが、尚人がツボすぎて萌えすぎて悶えます…!!!
何度も読み返してしまいました。
早く続きが読みたいです!
その前にドラマCD!!

登場人物の血縁関係が複雑になってきたので、自分の覚え書きを兼ねて家系図を作ってみました。参考にどうぞ。
shinomiya.png

■シリーズ
「二重螺旋 -二重螺旋1-」
「愛情鎖縛 -二重螺旋2-」
「攣哀感情 -二重螺旋3-」
「相思喪曖 -二重螺旋4-」
「深想心理 -二重螺旋5-」
「業火顕乱 -二重螺旋6-」
「嵐気流 -二重螺旋7-」
「双曲線 -二重螺旋8-」
「不響和音 -二重螺旋9-」
「千夜一矢 -二重螺旋10-」
「悋気応変 -二重螺旋11-」

■外伝(単行本)
「灼視線」

■ドラマCD
「二重螺旋」
「愛情鎖縛」
「攣哀感情」
「相思喪曖」
「深想心理」
「業火顕乱」

二重螺旋 (キャラ文庫) 愛情鎖縛―二重螺旋〈2〉 (キャラ文庫) 攣哀感情 二重螺旋3 (キャラ文庫) 相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫) 業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) 嵐気流  二重螺旋7 (キャラ文庫) 双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫) 千夜一矢: 二重螺旋10 (キャラ文庫) 悋気応変: 二重螺旋11 (キャラ文庫)
灼視線 (二重螺旋外伝)

Chara CD Collection「二重螺旋」 Chara CDコレクション 愛情鎖縛 二重螺旋2 Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3 
Chara CD Collection 相思喪曖 二重螺旋4 Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5 BLCDコレクション 業火顕乱 二重螺旋6
関連記事
2011.06.28 12:03 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(2)
            

「二重螺旋」新刊が出たんですね!最近、冗談抜きに朝から晩まで研究室にいるので全然本屋に行けず、さっき読んでビックリしました。「ああ…。もうこんなに時が経ったのか…」と(笑)
全巻は衝撃の引きで終わったので新刊を待ち望んでました!今回もなかなかに壮絶そうな内容ですが、ここまで昼ドラ的展開になるBLってあまり無いのでワクワクしながら読んでます。

兄弟BLといえば、某密林で高評価だった明治カナ子さんの「リアル1/2」「うつしみの手」を読みました。ざっくり言うと、潔癖で性欲を罪と感じる弟が兄の手を借りて自慰をし、兄はそんな弟に抱かれたいけど無理なので他の人に抱かれることで釣り合いを取っている。なぜ無理なのかはネタバレなので言いません!でもにゃんこさんなら知ってそうだな(笑)

2011.07.01 08:30 URL | まりん #- [ 編集 ]

まりんさん、こんばんは~

新刊出ましたよ!
今回も安定のドロドロ具合なので、心してどうぞ!
この濃さ、クセになりますね(笑)

明治カナ子先生の「リアル1/2」と「うつしみの手」はもちろん読んでますwww
感想書いていないのですが、かなり好きな本です!
SM的な表現とか兄弟とか萌えがいっぱいでした。
明治先生の昔の漫画は暗くてエロくていいですね~。
久しぶりに読み返したくなりました!

コメントありがとうございました。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません(>_<)
またぜひどうぞ~~

2011.07.04 21:53 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/987-1e8a1cb6

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |