にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

嵐のあと :日高ショーコ

4832285157嵐のあと (花音コミックス)
日高 ショーコ
芳文社 2008-03-29

by G-Tools

「シグナル」のスピンオフ。
まさか榊がこんな初々しい反応をするとは…!
恋の嵐に翻弄される榊が可愛かったです。
【嵐のあと/日高ショーコ/花音コミックス(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
仕事で知り合った岡田は、榊の好みのタイプ。
でも、ノンケ。
惚れても見込みがない相手だ、と自分を抑えようとしていた榊に対して、岡田は気があるとも取れる態度を取るのだが…。

榊は学生時代、友人を好きになったけど告白できなかったという過去があります。
ゲイじゃないと知っていたから、告白したことで関係が崩れてしまうのが怖くて、自分の気持ちを言えなかった。
それ以来、同じ嗜好の男性相手に深入りしないドライな関係を持つように。
でも、恋に堕ちるのは突然で、それがゲイであるかどうかなんて判断をする以前の問題なんですよねぇ。
榊もダメだと思いながらも深みにはまってます。
そうなってしまったら、嵐の中で立っていられなくなったり、前が見えなくなったり、進むべき道を見失ったりして、大きな力の前に為す術もない。
だけど、ふと気付くと「嵐のあと」で、いつの間にか藻掻いていた所から抜け出してたりする。
結果が良くても悪くても。
一見冷静沈着な榊でも、そんな恋の嵐に巻き込まれてしまうんだね…と思うと、一気に榊が好きになりましたよ。
そして、榊を見ていると、何かを得るにはそれなりのモノを失う覚悟でぶつからないとダメなんだよね、と改めて考えてしまいました。
勢いがないとなかなかそんなことできませんが…。
榊ばかりに目がいってしまいますが、岡田も結構嵐に翻弄されてますよね。
ノンケだから気持ちをなかなか自覚できないでいますけど。
書き下ろしの『Anti cyclone』はそんな岡田の様子がすごく伝わってきて、顔がにやけてしまいましたよー。

…しっかし、「シグナル」の時の榊とは別人だよね(笑)
あれが友人に対しての顔なんだろうけど。
「シグナル」では攻の男の方に迫っていたので、私はてっきり榊は受なのかと思ってましたが…。
蓋を開けてみたら攻でしたねぇ。
まあ、どっちも出来そうだし、岡田相手ならリバってもおかしくない感じなので、そのうち普通に受けてたりしてそうな気もします。

うーん、日高先生はどんどん画が綺麗になっていくなぁ。
大好きです。
時々見とれてしまう。
話も面白かったですよ!
次は今回脇で出て来た美山くんがメインかな?(次があるのか?)
「自分以外のことに時間を取られたくない」と言っている美山が、本気の恋をしてどう変わるのか気になりますよー。
かなり手強そうですけど。
この手の野良猫タイプはすごく好みなので、是非読みたいです!

■シリーズ
「シグナル」村上&芦原
「嵐のあと」岡田&榊
「初恋のあとさき」美山&仁科

シグナル (花音コミックス) 嵐のあと (花音コミックス) 初恋のあとさき (花音コミックス)
関連記事
            

お言葉に甘えさせていただき、さっそく書かせていただきます。長文すみません。

私がBLにはまったキッカケがこの作品です。榊さんと岡田さんのカップル大好きです。
立ち読みをチラッとした瞬間、まさに私の中にハートの嵐が起きましたっ!
さっそく数々の作品をゲットです。

榊さんて、すごく色っぽいというか、瞳での誘いがハンパない人だと思います。
岡田さんはノーマルなのに、ついつい榊さんの甘い香りに包まれてみたくなったんでしょうねぇ。わかるぅ~。
大人な二人のかけひきにキュンキュンしました。
岡田さんが翌日、あちこち痛くてコンビニに行けないってところ、榊さんってクールな感じしてるのに、
実は色々濃いんだなって思いました。
この二人の続編「doubleline」が、ちょっと前の雑誌に載ったと知って、探しまくったら、何とオークションで3万円!とあり、ビックリしました。ひどいです・・
それほど人気があるんだと確信もしましたけど。
本気で買おうか?と思ったくらい好きだったので思いつめていたら、今度出版される、美山くんの『初恋のあとさき』に掲載されると知りました。
本当に本当に嬉しいです。
少し前の『花音』のおまけで、2ページだけ載ってて(この2ページだけのために買いました)、仲よさそうでよかったです。よかったのですが・・
まだ内容を知らないのですが(想像で)、ダブルラインって、二重線とか平行線とかの意味ですか?読むまで何か不安~。
リーマンのメジャーのネクタイの柄のdoublelineのほうですかねぇ。
読んだら解りますか?
あぁ、待ち遠しくて仕方ないです。


2012.01.13 17:34 URL | ごま #- [ 編集 ]

ごまさん、こんにちはー!

ごまさんはこの本でBLに嵌まられたのですね。すごく納得です!!
私も大好きな作品なので。
ごまさんのコメントを読んだら「榊さんめちゃくちゃかわいかった!」という気持ちが蘇ってきて、読み返したくなってきました。
シリーズ新刊を読む前に復習せねばです♪
私は雑誌をほとんど読まないので知らなかったのですが(全サ目的で買っても中途半端に経過を知りたくなくて読まなかったりする)、榊と岡田の話も収録されるのですね!!!すごく嬉しい!!
タイトルの意味も気になる…。
情報ありがとうございます~♪
待ち遠しい!

コメントありがとうございました。
大好きな作品に出会った時の、ワクワクした気持ちって特別ですよね!
脳内物質出てるなぁと実感します(笑)

2012.01.15 16:35 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/540-2d1a6454

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |