にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

花鎮の饗(ドラマCD) :山藍紫姫子

B000064UCQ花鎮の饗/山藍紫姫子の世界II

EMIミュージック・ジャパン 1995-07-26

by G-Tools

「花夜叉」のドラマCDです。
圧倒的な存在感…。
これはすごい。
【花鎮の饗(ドラマCD)/原作:山藍紫姫子/東芝EMI(1995年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【CAST】
藤代篠芙:塩沢兼人
藤代明煌:林延年(現在は神奈延年)
観月流宗家:川久保潔
観月基世:江原正士
真木博人、ナレーション:森功至
藤代夏江:沢田敏子
藤代福寿、客B:糸博
客A:小室正幸

…Amazonでは神奈さんじゃなくて古谷さんの名前が出ていますが…。
なんで?

【STAFF】
音楽:岩代太郎
脚本:醍醐嘉美
挿絵:小島文美

【あらすじ・感想など】
”「花夜叉」の”と書きましたが、正確には「花夜叉」に収録されている「花鎮の饗」のドラマCDです。
篠芙が観月流の家元になるまでの話。
「花夜叉」の感想は一応上げてありますが、あらすじを詳しく書いていないので余り参考にならないかもしれません。(感想を書いたのが結構前なので、見直すのがちょっといたたまれない…。)
簡単にあらすじを書くと、
--
藤代流は篠芙の祖父が興した流派だが、存続のために能楽シテ派の最大派閥である観月流の恩恵を必要としていた。
そのために、祖父によって幼い頃から観月の慰み者とさせられている篠芙。
腹違いの弟である明煌はそんな篠芙に犯され、フラストレーションのはけ口にされているが、それでも兄には尊敬の念を抱いていた。
そんな明煌に、ある日観月の参謀的存在である真木が近づく。
明煌は篠芙の秘密を知り、藤代の家元の座への野心を抱くようになるが…。
--
という話。
誰が誰に踊らされているのか。
何故それが必要だったのか…?
そこが聴き所です。

原作はかなり濃厚なのに、ドラマCDではSM的な場面は出て来ません。
絡み自体割とあっさりフェードアウトしてます。
なのに…この色気は一体なんだ…。
塩沢さんの演じる篠芙は普段から色気があるので、ちょっと喘いだだけでブワッとエロス全開なんですよね…。
本当にすごいです、塩沢さん。

キャスティング、渋いですねー。
10年以上前の作品なので、そう感じるのも当然なのかもしれませんが。
森さんにこの手のCDで出会えるとは思いもよりませんでしたよ…!
ナレーションも担当されているので、森さんのステキボイスを堪能できました。
そして、林延年さんは神奈さんだったのですねー。
今更ながらに気が付きました…。
神奈さんは私、あまり出会っていないです。
アニメで何度か聴いたことがありますが、BLCDにはあまり出てらっしゃらないのですか?
あ、ロマンチカ(エゴイスト)の野分なのか…。
聴いたことないですが、気になってきました。
とにかく脇まで抜かりのないキャスティングで、脱帽。
当時はこれくらいが普通だったのですか…?
この作品をBLCDに含めるかどうかは微妙ですが、こうして古い作品に出会うと、BLCDも着々と世代交代しているんだなぁと感じますね。

ドラマトラックの間にインストが挿入されています。
このボリュームでこの内容の濃さ…。
脚本が巧い!
そして音楽が岩代太郎さん!
加えてこのキャスティング。
気合いの入り方がそこらのBLCDとは全く違います。
圧倒的な存在感。
圧巻です。
聴き応え満点。
入手はかなり困難なようですが、機会があれば是非どうぞ!

花夜叉花夜叉
山藍 紫姫子

花鬼花夜叉 (角川文庫)

by G-Tools

関連記事
2008.01.12 00:37 | 山藍紫姫子 | trackback(0) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんばんは!

スタッフやキャストクレジットを目にするだけで、作品の完成度の高さが伺えますね!

希少価値が上がり過ぎているこの作品を入手された事が素晴らしいです。先日、とある所で目にした際には、大台の5万円越えをしていましたよ(それでも速攻で競り落とされていましたが)。

入手をするまでは大変だったかと思いますが、お疲れ様でした!作品の雰囲気が伝わる素敵な感想文を拝見させて頂く事が出来て嬉しいです♪

ではではまた!

2008.01.13 20:04 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは!

>スタッフやキャストクレジットを目にするだけで、作品の完成度の高さが伺えますね!
ですよね!
これだけでもう聴く価値ありです。
内容も期待通り、素晴らしかったです!

しかし…5万ですか!!
入手困難というのは知っていましたが、そこまで…。
古いドラマCDは入手困難な場合が多いですね。
いろいろと権利などの問題があるのだろうなとは思いますが、どうにか聴ける体勢になるといいですね。
せめて、iTuneとかでデジタル配信とかできないんでしょうか…。
私は三田先生の「鼓ヶ淵」のカセットが聴きたいですよ…。

拙い感想で恐縮です。
コメントありがとうございました!
ではでは~

2008.01.14 16:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちは。
通勤でドラマCDを聴いてらっしゃるのですか~! (というか、にゃんこさんが働いていらっしゃることに驚きました。こんなにハイペースでアップできるなんて!!!というオドロキです)
声優さんに注目したことがなかったので、塩沢さんの声、意識しては初めて聴いたのですが、すごく雰囲気がありますね~~! 

(著作違法ですけど、森川さん×塩沢さんの絡みらしきモノ、発見してしまいました)http://www.nicovide.jp/videos/nv2294042/ 

山藍紫姫子の世界、も取り寄せてしまいました。この方の徹底ぶりを垣間見れて楽しかったです。にゃんこさんはいっとき山藍週間があったみたいですが、今、「間違いのない作家さんです!」と紹介を頼まれたら、どなたが来てますか?

オススメの『間の楔』も取り寄せ中デス☆

これからもアップ楽しみにしております!

2010.06.22 15:35 URL | MOGU #- [ 編集 ]

MOGUさん、こんばんは~

塩沢さんはこうしてアニメやBLに嵌る前から普通に知っている声優さんでしたが、改めてBLとかで聴くと存在感とか色気とかすごいなぁと感心しますよね!
お亡くなりになられてもう10年ですか…。残念でなりません。
山藍先生のドラマCDもそうですが、「間の楔」も塩沢さんでしたね。
キャストを一新して新しくCDが出てますが、塩沢さんの印象が強くてなかなか慣れません。

あ、私一応社会人なのです(笑)
1年くらいまえに仕事場が変わってからは、平日になかなか読書が出来なくてウズウズしてますよ~。
そして以前は通勤に車で一時間ほどかかっていて、車の中でドラマCDを聴いていたのですが、今は電車メインなのでなかなか聴けてません…。
電車では寝てしまうので(^_^;)
思う存分BL充できる生活がしたいです!

今オススメの作家さん…うーん、難しいですねぇ
山藍先生のように嵌っているわけではないですが、1番好きなのは夜光花先生です♪
そして話の内容はともかく、萌えエロ的に読むときテンション上がるのは西野花先生ですww

コメントありがとうございました(´∇`)
またお気軽にお寄りくださいませ~

2010.06.24 01:19 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/505-64fdbb1e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |