にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4043428049月神(ダイアナ)の浅き夢 (角川文庫)
柴田 よしき
角川書店 2000-05

by G-Tools

RIKOシリーズの第3弾。
今までにも増してバイオレンス度の高い作品で、読んでいて寒くなりました…。
そしてやっぱり麻生と練が主役を喰ってます。
前作はコチラ→「RIKO -女神(ヴィーナス)の永遠-」「聖母(マドンナ)の深き淵」
【月神の浅き夢/柴田よしき/角川文庫(2000年)】

↓ネタバレあり、caution!!
若い男性刑事だけを狙った連続猟奇殺人事件が発生。手足、性器を切り取られ木にぶらさげられた男の肉体。誰が殺したのか?次のターゲットは誰なのか?刑事・緑子は一児の母として、やっと見付けた幸せの中にいた。彼女は最後の仕事のつもりでこの事件を引き受ける。事件に仕組まれたドラマは錯綜を極め、緑子は人間の業そのものを全身で受けとめながら捜査を続ける。刑事として、母親として、そして女として、自分が何を求めているのかを知るために…。興奮と溢れるような情感が絶妙に絡まりあう、「RIKO」シリーズ最高傑作。


【あらすじ・感想など】
若い男性刑事ばかりを狙った連続殺人事件。
高須が指揮するその合同捜査本部に加わることになった緑子。
捜査線上に現れたのは、あるアイドルと、そして12年前のある事件の関係者だった…。

若い、そしてハンサムな刑事ばかりを狙ったその連続殺人は、被害者を首つりにし、手足、性器を切断した状態で放置するという凄惨な事件。
そして、その手口は12年前のある事件に繋がっていきます。
その事件は安藤や高須、そして麻生らが関わっていた事件で、警察は誤認逮捕をしていた。
真犯人は見つかるものの、その事件の陰である少女の人生が歪まされていて…。
この凄惨な事件は悲しい結末に向かいます。
悪意は誰にもなかったはずなのに、憎しみが生まれてしまっている。
警察という組織の奢りや矛盾が、しっぺ返しのように我が身を追い詰めていくという構図がやりきれないです。

それにしても今回はいつもにもまして、バイオレンスですねぇ。
事件自体も恐怖ですが、私は静香や緑子を襲った暴力の方が怖かったです。
読んでいて痛かった…。

ここからは腐女子視点の感想を…。

またしても事件を追った先に登場したのは、練。
緑子は練の姉や麻生との関わりから、練の過去、練が何故暗い世界に身を投じることになったのかを知ります。
そして、事件のキーワード“グラシア”の意味を知り…。
うぅぅ切ない(T_T)
麻生は何年経っても、どれだけ練に愛されていても、その負い目を背負い続けるんですよ。
そして練も麻生に対して負い目がある。
このままではいつまで経ってもこの二人に穏やかな日々はやってこない…。
それをヒシヒシと感じるので、読んでいて辛いです。
練は自己矛盾を抱えていて、いろんなしがらみから抜け出せなくて、自虐的な行動をしている…。
そんな危うさが魅力です。
でも練の破滅は見たくないのです。
麻生さん、練が破滅する前にどうにか救ってあげてください…!
練を見守り、愛している人は麻生以外にも沢山いる。
でも練を救えるのは麻生だけなんですよ。
今回それを改めて感じ、胸が熱くなりました。

脇も熱いです。
一巻で出て来た高須。
彼にまたしても萌えてしまいました。
私は弱っている高須が好きです(笑)
今回、高須に関しては最悪の事態を想定してしまい、先を読むのが恐怖でした。
柴田先生はその辺容赦ないですからねぇ…。
あり得るから怖いのです。
そして…待ってました!
及川さんの登場ですよ!
クールです。
でも実はツンデレなんだよなぁ…と、ニヤニヤしながら読んでしまった(笑)

さて、毎回緑子は男を喰ってますが、今回の犠牲者はあの人。
愕然としました。
緑子の事ちょっと嫌いになりかけたよ…!
緑子、弱っている男に敏感に反応しすぎ。

今回も麻生と練の存在が大きかったのですが、特に練に関しては今まで以上に脆い部分が垣間見え、惹き込まれました。
事件自体は途中から少し強引だったかなぁと思いますが、この事件で練の痛みに触れる事になり、切なくて、悲しくて…やりきれない思いでいっぱいになりました。
結局、「聖なる黒夜」でも問題になったあの事件についての真相を追求し、麻生と練が過去を乗り越えていかなければいけないのでしょうね。
いつかこの結末を読むことが出来るといいなぁ…。
待ってます。

■シリーズ
「RIKO -女神(ヴィーナス)の永遠-」
「聖母(マドンナ)の深き淵」
「月神(ダイアナ)の浅き夢」

■番外
「聖なる黒夜」
※これ以外にも他のシリーズと世界観が被ってます。
関連記事
2007.07.21 09:30 | 柴田よしき | trackback(1) | comment(2)
            

こんばんは!

月神~も切なかったですよね…。
本当麻生も練も愛し合ってるのにお互いへの引け目が一生消えることはないと思うといつでも涙腺決壊しそうです。

あ~、リコのあれは、うーん。
初めて読んだとき、げぇっ、となりましたがまぁ、後の麻生のきっぱりした態度と練の嫉妬が見れたんでまぁ、いいかなぁ…と納得させながら蓋をしときました。(笑)
旦那さんやりきれないだろうなぁ。

続き本当切望します。
はっきりとした結末が知るのも怖い気がしますが。やっぱりここまできたからには最後まで見届けたいですね。柴田センセ書いてください!

と何故かよそ様のブログで叫びながら退散します(笑)

2007.07.21 23:48 URL | puri #- [ 編集 ]

puriさん、こんにちは!

麻生と練の関係は毎回崩壊寸前で、ちょっとしたことで私の涙腺は決壊してしまいますよ…。
見てられないけど、でも目が離せなくて困ります。

緑子…。
絶対友達にはなれません(^_^;)

続き読みたいですよね!
でも、読んだら終わってしまうかもと思うと、読みたくないような…。
もし出ても、読み始めるまでにかなり時間を必要としそうです。

TB&コメントありがとうございました!
ではでは~

2007.07.23 10:43 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/428-fe3bdb63

月神(ダイアナ)の浅き夢 柴田よしき
月神(ダイアナ)の浅き夢柴田 よしき「聖母の深き淵」では麻生が黒く染まり、「月神の浅き夢」では練に光があたっている。でも、最後の静かな希望に満ちた終わり方をどうにもやりきれない想いでしか読めなくて苦しかった。

2007.07.21 23:49 | BL Diary

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |