にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812431298凍る月 漆黒の情人 (ラヴァーズ文庫 43)
高橋 悠
竹書房 2007-05-25

by G-Tools

今までとは毛色の違ったファンタジーですね。面白かった! 
続きが気になります。
【凍る月~漆黒の情人~/夜光花/高橋悠/ラヴァーズ文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
生まれたときに「20歳までしか生きられない」と予言された鳳光陽(19歳・受)。
光陽には不思議な力があり、それを隠すため、外出もままならない生活を送っていた。
唯一家族以外で秘密を知っているのは、幼い頃からの親友・亨だけ。
不自由な生活だが、予言を知らない光陽は祖父から「20歳になったら自由になれる」と言われ、未来に希望を持っていた。
しかし待ち望んでいた20歳の誕生日を前に、光陽は不気味な獣に襲われた。
そして、梁井轟(30代?・攻)という男が光陽の前に現れる。
梁井と光陽は、ある「契約」を結ぶことになるが…。

光陽の秘密は、怪我がすぐに治ること。
父親はおらず、母親と祖父母と暮らす光陽は、いつでも香を焚き込められ、出来る限り他人と関わらないようにして生きてきた。
そんな光陽の前に現れた梁井は、光陽を食らおうとします。

以下、かなりネタバレするのでご注意下さいませ。

梁井は『獣人』で、『餌』を食らわないと次第に人に戻れない身体になってしまいます。
そして、光陽は『餌』だった。
餌は食らわれても再生する肉体を持っているが、獣人と契約しないと20歳までしか生きられない。
初めは抵抗するものの、梁井の必死な姿に光陽は契約を結ぶことになります。
でも、光陽は痛みの伴う肉体ではなく、精液を与えることに。
口淫以上の行為は必要ないけれど、梁井は光陽自身に惹かれてしまい…。
光陽もそんな梁井が大切な存在になっていきます。
でも純粋培養で育った光陽には、その「好き」という気持ちが恋愛感情なのかどうか分かりません。
そしてそんな二人の前に、餌である光陽を狙う獣人たちが現れて戦いが始まります。

序盤は私、亨×光陽かと思っていました。
梁井が当て馬かなぁと(笑)
予想外に獣人・梁井がいい人で、獣になりたくない気持ちや、光陽を欲する気持ちが切ないです。
光陽はずっと不自由な生活を送っていてストレスも溜まっているんですが、家族のことを考えると我が儘も言えない。
そんな境遇でも、光陽はしっかり前を向いて歩いているから好感もてます。
それにしても、亨は哀れですね…。
報われないばかりか、次は敵になってしまうのですか…?

そして夜光花先生ですので、例に漏れず光陽の感度はとてもよくてエロいです(笑)
はうぅ、萌えるわぁ。
光陽にこんな反応されたら、梁井はもう光陽に嵌るしかないでしょ!
天然無自覚誘い受?(笑)

番外編が同時発売のラヴァーズ文庫の創刊3周年記念BOOK「ラブ・コレ」に収録されてます。
梁井の過去と、本編終了後の二人の短編。
さらに梁井を応援したくなりました(笑)
私、本編を読む前にこの本にある夜光花先生のコメントを見てしまって、「まさか今回カ○バリなのか?!」と戦々恐々となってましたよ(^_^;)
そんなことは…まぁあったんですが、それが執着からくる行動じゃなくてホッとしました(笑)

夜光花先生はミステリーが多いですが、ファンタジーは「不確かな抱擁」以来かな?
「不確かな抱擁」よりファンタジー色が強いです。
すごく合ってますね~。
ドキドキ、ハラハラ、ワクワク。
まさにそんな感じです。
面白くて一気に読んでしまいました。
でも…これ1冊で終わらないんですけど。
続きが気になる!

創刊3周年記念BOOK ラブ・コレ創刊3周年記念BOOK ラブ・コレ
ふゆの仁子 高月まつり 夜光花

by G-Tools


★購入する?→ Amazonbk1
■シリーズ
スピンオフ含めてひとつの話になっています。順番にどうぞ。
「凍る月~漆黒の情人~」(梁井×光陽)
「凍る月~紅の契り~」(梁井×光陽)
「凍る月~灰色の衝動~」(梁井×光陽)
「花の残像」(須王×巴)
「花の慟哭」(須王×巴)
「銀月夜」(佐倉×銀)
「凍る月~七色の攻防~」(梁井×光陽)
「凍る月~瑠璃色の夜明け~」(梁井×光陽、須王×巴)
関連記事
2007.05.29 00:57 | 夜光花 | trackback(4) | comment(9)
            

にゃんこさん、こんばんは^-^

面白かったですよね~♪やっぱり夜光さんはダークなお話のが好きですv

私も梁井があんなにいい人でびっくりしました。存在がせつない人なので、幸せになって欲しいですね!
自分から逃げようとするなら喰らってしまおう、にはズキュンときました(笑)

そして幼馴染の亨・・・敵になるだとうと断言してしまいましたが、きっと梁井とは戦うんじゃないかな?と思います☆
どちらも光陽の事を譲れないと思うので・・・。
二人の間で揺れる光陽が、人間として成長するんじゃないかなぁ~なんて、想像してます。

続きが気になりますよね!いつ発売になるんだろ~早く読みたいですね><b

TBさせてくださいv
それではまたお邪魔します^^

2007.05.29 20:13 URL | ありす #mWt2sFS6 [ 編集 ]

ありすさん、こんにちは!

>やっぱり夜光さんはダークなお話のが好きですv
ダークでもエンターテインメント性もあって、今までとはちょっと違いますよねー。
ワクワクしっぱなしでした。
…グロいですけど(笑)

>自分から逃げようとするなら喰らってしまおう、にはズキュンときました(笑)
梁井は傲慢そうに見えて、実は結構繊細で苦しんでますね。
光陽に対する想いも真摯で、私もズキュンときました(笑)

亮がどうなるか気になります。
早く続きが読みたいですね!

TBありがとうございました。
ではでは~

2007.05.31 11:42 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.06.02 21:02  | # [ 編集 ]

にゃんこさん はじめまして、こんばんは!

ゆちゅらぶ♪と申します。
人外設定のファンタジーはもともと大好きなのですが、それをまた夜光さんが書かれるということでとても楽しみだったのですが、期待に違わぬ面白さでした♪

この作品は私も感想を書いておりますので、よろしければまた後日TBに伺わせて下さい。(モバイラーなのでPC触れた時にまとめてTBなどさせていただいております)

それではまたお邪魔いたしますのでよろしくお願いします(^-^)

2007.06.02 21:04 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは!

私、人外設定は特別萌えないのですが、これはすごく面白かったです!
夜光花先生合ってましたね~。
そして、やっぱり夜光花先生とラヴァーズは相性がいいなぁと思いました。

続きが早く読みたいですね!
コメントありがとうございました。
こちらからもお邪魔させていただきます♪

2007.06.02 21:38 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは!

獣人と餌という美味しい設定に、ドキドキしながら読みました。
ところで、あとがきを読むと「商業的にNGだったのでバトルシーンがぬるい感じになった」とあるのですが、夜光花さんはどこまで書き込みたかったのかと思うと、ちょっと怖いです(笑)

意外と梁井が常識人で、世間知らずな光陽に怒鳴る辺りが楽しかったです。梁井とアレックスには頑張って、光陽に常識を教え込んで欲しいところです。

「七日間の囚人」が気になるところで終わって、続刊の予定がなさそうな雰囲気なので、この本も続きがなかったらどうしようと思ったら、続きが出そうでほっとしました。今年中には出て欲しいです。続きが気になります。

2007.06.03 22:24 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんばんは!

人外モノって私は特別惹かれないんですけど、そんな私でもすごく楽しめる作品でした!

>商業的にNG
私も、あとがきを読んで気になりましたよー。
一体どんな描写がNGなのでしょうか…。
グロい描写?
うーん、でももっとすごい作品を他で読んだことがありますけど。
レーベル的なものかもしれませんね。
同人の方で思う存分書いて欲しいですね。
絶対買います!

>梁井とアレックスには頑張って、光陽に常識を教え込んで欲しいところです。
苦労しそうですね(笑)
恋愛感情を自覚させるのも大変そうです…。
頑張れ梁井…!

続編楽しみですね。
TBありがとうございました!
ではでは~

2007.06.04 00:18 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちは!

新刊消化が遅いせいで、こちらへはすっかりご無沙汰しておりました。(汗)久々にお邪魔させて頂きますね。

こちらの作品は、BLとしては大分毛色の違う作品でしたが、娯楽作品として楽しく読めました♪

私も最初は、亨×光陽がメインで、「梁井=悪い人」のイメージが強かったのですが、途中から梁井が可愛くて仕方がありませんでした。獣人なのに、真人間以上に表情豊かで人間臭いですし。(笑)

物凄く続きが気になる所で終わっているので、早く続編が発売されると嬉しいですね!

ではでは、TBさせて頂きました!

2007.06.06 14:09 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは~

いつも暗めの夜光花先生ですが、今回は娯楽色の強い作品でしたね。
でもやっぱり夜光花先生らしい部分もあって、流石です。

>「梁井=悪い人」のイメージが強かったのですが、途中から梁井が可愛くて仕方がありませんでした。
梁井の印象はかなり変わりますよね。
こんなに常識人とは思わず…というか、光陽が天然過ぎるからそう思えるのかもしれませんけど(笑)

続編、今年中には読みたいです~
秋くらいには出ないですかねぇ?

TBありがとうございました!
ではでは。

2007.06.06 14:28 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/407-557f5ea8

凍る月~漆黒の情人~
夜光花/イラスト 高橋 悠ラヴァーズ文庫2007年6月1日発行STORY      二十歳になったら死ぬ子供・・・。そう予言された光陽が、      間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の      中に閉じ込められたようにして育った光陽...

2007.05.29 20:14 | ありすの傲慢LOVE日記

凍る月-漆黒の情人-
二十歳になったら死ぬ子供…。そう予言された光陽が、間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の中に閉じ込められるようにして育った光陽は、祖父と約束した「二十歳になったら自由にしていい」という言葉を信じ誕生日を楽しみにしていた。しかしある日...

2007.06.03 22:18 | 霖雨の彼方

凍る月~漆黒の情人~
【内容紹介】『神か悪魔か・・・。謎の男に貪られてゆく・・・。』二十歳になったら死ぬ子供・・・。そう予言された光陽が、間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の中に閉じ込められるようにして育っ

2007.06.06 14:02 | +synapse∞type-bee+

いとしい獣
凍る月 漆黒の情人夜光 花夜光花さんの新作は祥伝社NON NOVELSから…ではなくラヴァーズ文庫ですよ。私の大好きな人外モノです、うふふ♪ラヴァーズ文庫 夜光花 「凍る月~漆黒の情人~」二十歳になったら死ぬ子供…。そう予言された光陽が、間もなく二十歳を迎えようとして

2007.06.07 13:10 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |